半沢直樹:“古谷”宮野真守が“黒崎”片岡愛之助“急所わしづかみ”の餌食に SNS「おいしい役!」

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第8話が9月13日に放送された。同話では、声優の宮野真守さん扮(ふん)する古谷が、金融庁・担当検査官の黒崎駿一(片岡愛之助さん)に急所をわしづかみされるシーンがあり、SNSでは「黒崎の餌食に…」「キターーー!」「宮野の宮野が…」「マモちゃ~んの股間が!」「ナムアミダブツ…」「黒崎さんにおいしくしていただきましたね」「おいしい役!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、池井戸潤さんの小説「半沢直樹」シリーズが原作。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化した。約7年ぶりの続編は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。

 第8話では、帝国航空の山久(石黒賢さん)からタスクフォースの再建草案を見せてもらった半沢が、赤字路線の「羽田・伊勢志摩路線」が撤退リストから外されていることに気付く。半沢は、伊勢志摩は箕部幹事長(柄本明さん)の政治基盤で、全てのカギを握っているとにらむ。同じ頃、金融庁の黒崎(片岡愛之助さん)も箕部を追っていた……。

 黒崎は、箕部を探っている半沢を金融庁に呼び出すと「何をしているのかしら~?」と質問。半沢が答えをはぐらかしつつ「そちらの狙いも箕部幹事長ですか?」と質問すると、古谷は「おい! 質問しているのはこっちなんだよ!」と威嚇するが、黒崎に「あんたは黙ってなさい!」と急所をわしづかみされた。

 前回、古谷が登場したときのせりふは「はい」のみだったが、第8話では半沢に「ちょっとよろしいですか?」と声を掛けるせりふや、黒崎に「お待たせしました」と報告するせりふなどがあり、視聴者からは「ええ声じゃ!」「マモちゃんせりふ多い」「せりふ増えた!」という声も上がっていた。
 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る