美 少年:初主演ドラマ「真夏の少年」クランクアップ! 涙とともに「幸せな時間でした」

テレビ
連続ドラマ「真夏の少年~19452020」のクランクアップを迎えた「美 少年」=テレビ朝日提供

 9月18日に最終回を迎えるドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)で、初主演を務めたジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」がこのほど、クランクアップを迎えた。スタッフから花束を渡されたメンバー6人は、涙を見せながら約3カ月にわたった撮影期間を振り返った。

 ドラマは、それぞれに事情を抱えた美 少年のメンバー扮(ふん)する青春真っ盛りの高校生たちと、終戦間際の大宮島(現グアム島)からタイムスリップしてきた軍人・三平三平(博多華丸さん)の出会いを通して、本当の幸せや自由とは何かを世の中に問い掛ける青春ヒューマンコメディー。

 佐藤龍我(りゅうが)さんは、「最初は美 少年6人で主演、ということですごく不安でしたが、監督やスタッフさんに助けていただいてとても楽しくていい作品になりました! 本当にありがとうございました!」と感謝。

 那須雄登(ゆうと)さんは、「僕ら6人、演技の経験はまだまだ浅い中での主演ドラマということで、うれしい半面、怖さもありました」と明かし、「でも(博多)華丸さんをはじめとする、優しい出演者の皆さん、監督、プロデューサー、スタッフの皆さんに、いつもいつも励まされて、本当に幸せな時間でした」と思いをはせた。

 藤井直樹さんは、「正直、一人でしゃべるシーンばっかりで不安だったんですけど、本当に温かいスタッフさんに囲まれていい経験ができたと感じています。まだまだな部分もありますが、今後どんどん成長していけたらなと思います」と意欲的。

 岩崎大昇さんは、「3カ月間、あっという間で、学ばせてもらうこともたくさんありました。すごく楽しかったですし、いい経験になって……。僕はなかなかこういうところで泣くこともないんですけど、ここに来ると込み上げてくるものがありました」と感慨深げに語った。

 今回が初のドラマ出演となった浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんは、「映像での演技を初めて経験させていただいて、クールじゃない自分がクールキャラということで、すごく悩んで考えました」と役作りの苦労を告白。「またいつか、皆さんと一緒にお仕事する機会がいただけたら『演技うまくなったね』と褒めてもらえるよう、これからも頑張ります!」と意気込んだ。

 また、同じく初ドラマに挑戦した金指一世さんは、「撮影当初はすごく緊張していて、不安なところもあり、不慣れだったのでたくさんご迷惑をおかけしてしまったのですが、撮影の時はすごく楽しくて、演技やいろいろなことを勉強させていただいたので本当によかったです!」と達成感をコメント。「『真夏の少年』での経験を生かして、これから美 少年6人としてもっともっと大きくなっていけるように頑張ります!」と力を込めた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る