半沢直樹:「3人まとめて……」に“まさか”の頭取入り “裏切り”に視聴者「ショックでかい…」

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第9話「最終決戦!半沢ついに敗北か?真の黒幕は…」が9月20日、15分拡大で放送された。同話の予告映像で、半沢(堺さん)が「3人まとめてええ!」と言い放つ姿が収められていたことから、SNSで「3人って誰?」と話題になっていたが、本編の放送で、その3人が箕部幹事長(柄本明さん)、中野渡頭取(北大路欣也さん)、大和田(香川照之さん)だったことが判明。SNSでは、頭取の“裏切り”に「ショックでかい」「驚いた」といった声が上がった。

 第9話では、黒崎(片岡愛之助さん)が残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢が箕部の政治基盤となっている伊勢志摩へと飛ぶ。その後、半沢は「伊勢志摩ステート」から箕部に多額の金が流れている証拠を掴むが、その証拠は、中野渡と大和田が、箕部に渡してしまった……という展開だった。

 中野渡、大和田、箕部の会食の席に突入した半沢は、不正の公表と謝罪を強く訴えたが、中野渡から「帝国航空の担当を外れてもらう。出ていきなさい」と言われてしまう。そこで、箕部は半沢に、自身と中野渡に土下座をして謝罪するよう要求。大和田に土下座するよう強要され、拒否した半沢は「この借りは必ず返します! やられたら、やり返す! 倍…いや、3人まとめて1000倍返しだ!」と、言い放った。SNSでは「まさか頭取も……」「裏切られた……」と驚きの声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る