半沢直樹:最終話 “半沢”堺雅人「1000倍返し」なるか? まさかの辞表… “大和田”香川照之「やれるもんなら、やってみ…な!」 最終決戦へ

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」最終第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)最終第10話「最終回1000倍返しなるか!そしてまさかの辞表!?最終決戦」が9月27日に放送される。予告映像では、半沢(堺さん)が「やられたらやり返す。1000倍返しだ!」「完膚なきまでにたたき潰す!」と大声を張り上げる姿や「退職願」と書かれた封筒を差し出すシーンのほか、大和田(香川照之さん)が「やれるもんなら、やってみ…な!」と吐き捨てるシーンなどが収められている。

 箕部幹事長(柄本明さん)、中野渡頭取(北大路欣也さん)、大和田の3人に「1000倍返し」を誓った半沢だが、帝国航空の再建プロジェクトから外されてしまった。頭取に裏切られ、銀行員としての熱意を失いかけた半沢は、森山(賀来賢人さん)と瀬名(尾上松也さん)に背中を押され、もう一度立ち上がる決意をする。渡真利(及川光博さん)と共に紀本常務(段田安則さん)の居場所を突き止めた半沢は、ある衝撃の事実に行き着く。

 しかし、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前に迫っていた。半沢は、タイムリミットまでに箕部の不正を暴く決定的証拠を見つけ出し、銀行員としての誇りと正義、そして銀行の未来をかけた全身全霊の倍返しをたたきつけることができるのか……。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る