半沢直樹:“大和田”香川照之の「グッバーイ、death!」に視聴者「強すぎデス!」 最終回放送終了に「楽しかったdeath!」の声も

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」最終第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の最終第10話が9月27日、15分拡大版で放送された。同話では、香川照之さん演じる大和田が、帝国航空の再建プロジェクトから外された半沢(堺さん)に「グッバーイ、death!」と首をかき切るポーズを見せながら言い放ち、SNSでは「これは強すぎデス!」「最終回もクセが強いデス!」「ぶち込んできたー!」「大和田を見られるのもこれが最後か…」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「#半沢直樹」が世界でトレンド1位となった。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」。最終話では、箕部幹事長(柄本明さん)、中野渡頭取(北大路欣也さん)、大和田(香川照之さん)の3人に「1000倍返し」を誓った半沢だが、帝国航空の再建プロジェクトから外されてしまった。もう一度立ち上がる決意をした半沢は、国税庁の黒崎(片岡愛之助さん)に会いに行く。そして、中野渡頭取が債権放棄を認める会見を開く……という展開だった。

 紀本常務(段田安則さん)の机を調べる大和田は、訪ねてきた半沢に「私もこの世界に長らくいるが、初めて見たよ。頭取に逆らって1000倍返しだなんて銀行員。愚かを通り越して恐ろしい」と語ると、半沢は「頭取でも間違っていることは間違っています」と宣言。すると大和田は「銀行というところは頭取が決めたことがすべて正解なんです。間違っているのは君の方」「頭取と幹事長に頭を下げていれば君の未来はかろうじて残っていたのに最後の最後に間違ったな。頭取はもう君のような無能な銀行員を必要としていない。半沢くん、君は今度こそ、本当に不可逆的におしまいです。グッバーイ、death!」と言い放ち、最後には舌を鳴らすという展開だった。

 ドラマの本編が終了すると、視聴者からは「半沢直樹、グッバーイ デス!」「最後だと思うと悲しいdeath!」「楽しかったdeath!」と、大和田の「デス!」にちなんだ声が上がった。

 無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」「TBS FREE」では1週間限定で最終回の無料配信、定額制の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で前作と共に全話一挙配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る