おカネの切れ目が恋のはじまり:次回最終回で「寂しい」「しっかり見届ける」の声

テレビ
連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の松岡茉優さん主演の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が9月29日に放送された。ドラマは次回が最終回で、第3話本編後に予告編が公開されると、SNSでは「次で終わりなんて寂しいよー」「ラスト、しっかり見届ける」などの声が上がっていた。

 ドラマは、松岡さん演じるお金を正しく使うことにこだわる九鬼玲子と、三浦春馬さん演じるとことんお金にルーズな猿渡慶太という正反対の価値観を持つ2人のラブコメディー。「凪のお暇」(同局系、2019年)などで知られる脚本家の大島里美さんのオリジナル作品。玲子の初恋の相手で、「お金の専門家」の早乙女健を三浦翔平さん、慶太の後輩で、あることがきっかけで玲子に恋をしていくという“ドケチ節約男子”板垣純を北村匠海さんが演じる。

 第3話では、九鬼玲子が、初恋相手・早乙女健との15年越しのデートを控えて、浮かれていた。一方、板垣純は、猿渡慶太に、早乙女が子供を連れていたことを報告する。慶太は玲子に伝えるべきか悩んだが、玲子を前にすると言うことができずに、思い悩み……という内容だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#カネ恋」がトレンド2位となった。SNSでは、「来週が最終回なんて嫌だ。絶対にロスになる」「もう最終回……早すぎる。寂しすぎる」「すでにロス」などのコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る