三浦翔平:「おんぷちゃんが大好き」 劇場版アニメ「魔女見習いをさがして」イベントで改めて宣言

アニメ 芸能
「魔女見習いをさがして」のイベントに登場した三浦翔平さん

 人気アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作で、オリジナルスタッフが製作する劇場版アニメ「魔女見習いをさがして」(佐藤順一監督、鎌谷悠監督、11月13日公開)の完成報告イベントが10月1日、東京都内で開催され、声優として出演する三浦翔平さんが登場した。三浦さんは「おジャ魔女どれみ」のファンであることを公言しており、イベントで推しのキャラクターを「僕はおんぷちゃんが大好きです」と語っていた。

 三浦さんは、ニュースで同作の制作を知り、出演が決まる前から「インスタ(インスタグラム)で勝手に宣伝していたら、まさかのオファーがきた」とコメント。三浦さんが演じるのは、3人のヒロインが旅先で出会う「おジャ魔女どれみ」ファンであり、“おんぷちゃん推し”の大学生・大宮竜一。自身との共通点に「僕の話を聞いてそうしてくれたのか、元々おんぷちゃん推しで、キャラクターを作っていたのか、後で聞いておきます」と語っていた。

 イベントには、3人のヒロインを演じる森川葵さん、松井玲奈さん、百田夏菜子さんも登場。森川さんは「明るくてハッピーな映画。主人公3人が悩みを抱えて、MAHO堂に集まるという始まりですが、そこから3人で旅行に出かけたり、ストーリーはいきなりめちゃくちゃ楽しい。見ていると旅行にいったような気持ちにさせてくれる」と笑顔でアピールした。

 松井さんは「魔法って本当はどういうものなのかをかんがえさせられる作品。映画の中の魔女見習いたちに会いに来てくれたらうれしいです」と話し、百田さんは「ハッピーやラッキーが皆さんに届いたらいいなと思います」と語った。

 「おジャ魔女どれみ」は、魔女見習いになった主人公のどれみと、仲間たちが一人前の魔女になるための修業の日々が描かれた。テレビアニメ第1期が1999年2月~2000年1月、第2期「おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)」が2000年2月~01年1月、第3期「も~っと! おジャ魔女どれみ」が2001年2月~02年1月、第4期「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」が2002年2月~03年1月に放送された。

 「魔女見習いをさがして」は、22歳の教員志望の大学生の長瀬ソラ、27歳の会社員の吉月ミレ、20歳のフリーターの川谷レイカが主人公で、子供のころに「おジャ魔女どれみ」シリーズを見ていた3人が出会い、一緒に旅に出ることになる。森川さんがソラ、松井さんがミレ、百田さんがレイカをそれぞれ演じる。三浦さん、石田彰さん、浜野謙太さんも声優として出演する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る