私たちはどうかしている:最終回で「ロス」&続編希望の声 まさかの真犯人に驚きも

テレビ
ドラマ「私たちはどうかしている」最終回のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の浜辺美波さん、俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回が9月30日に放送された。最終回を迎え、SNSでは「わたどうロス」「椿ロス、七桜ロス」「ロスがやばすぎる」などロスを訴える声のほか、続編を希望する声であふれていた。

 原作は、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の安藤なつみさんの同名マンガ。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 最終回は、2時間スペシャルで放送。血縁ではなく、より素晴らしいお菓子を作る者を次期当主にするという大旦那(佐野史郎さん)の決断のもと、絶対に負けられない対決に挑むことになった七桜(浜辺さん)と椿(横浜さん)。すべてを懸けて大みそかの除夜祭の準備に励む。しかし、プレッシャーからお菓子作りに初めて恐怖を感じる七桜。その弱気な姿を見た多喜川(山崎育三郎さん)は、七桜を励まし……という内容だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#私たちはどうかしている」がトレンド1位となるなど大盛り上がり。SNSでは、「わたどう最終回最高だった」「余韻がやばい……。浜辺美波と横浜流星のコンビも最高だった」「わたどうロスがすごい もう和服の横浜流星見られないなんて」などの声が上がっていた。

 また、「続編希望してます!」「続編、映画化、スペシャルなんでもいいのでわたどうが帰ってくるの待ってます」「光月庵のその後って続編でやらないかな~」と続編を希望するコメントも並んでいた。

 さらに、最終回では、すべての因縁の発端となった当主殺害事件の真犯人が明らかになり、「本当にまさかで驚いた~」「色々と衝撃の展開」「思わぬ展開すぎてビックリ」など驚きの声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る