上川隆也:主演ドラマ「夜がどれほど暗くても」に葉山奨之、「ふぉ~ゆ~」辰巳雄大、高嶋政伸、原田泰造ら出演

11月22日スタートの連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する(上段左から)霧島れいかさん、高橋克実さん、原田泰造さん、鈴木浩介さん、(下段左から)「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、葉山奨之さん=WOWOW提供
1 / 1
11月22日スタートの連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に出演する(上段左から)霧島れいかさん、高橋克実さん、原田泰造さん、鈴木浩介さん、(下段左から)「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、葉山奨之さん=WOWOW提供

 俳優の上川隆也さん主演で11月22日からWOWOWで放送される連続ドラマ「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」に、鈴木浩介さん、霧島れいかさん、葉山奨之さん、人気グループ「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さん、高橋克実さん、高嶋政伸さん、羽田美智子さん、原田泰造さんが出演することが10月2日、分かった。

 葉山さんは、主人公・志賀倫成(しが・みちなり、上川さん)の息子でストーカー殺人事件を起こす健輔、羽田さんは志賀の妻の鞠子、高橋さんは志賀の上司で「週刊時流」編集長の鳥飼成人、鈴木さんは志賀が異動する先の「月刊時流」編集長の楢崎樹、高嶋さんは、健輔の犯行に疑念を持ち慎重に捜査を進める捜査一課の宮藤賢次、原田さんは事件の真相に迫る捜査一課の長澤一樹、霧島さんは事件の被害者となる大学講師の星野希久子、辰巳さんは警視庁捜査一課の三田拓也を演じる。

 ドラマは、中山七里さんの同名小説(角川春樹事務所)が原作。ある日、健輔がストーカー殺人事件を起こし、自ら命を絶つ。順風満帆なジャーナリスト人生を歩む「週刊時流」の副編集長の志賀だったが、スクープを追う側から一転して、容疑者家族として追われ、世間からバッシングを受ける日々を過ごす。別の雑誌へと左遷され、鞠子との関係もうまくいかなくなった志賀は、ある少女との出会いをきっかけに、事件の真相に迫っていく……。「NEWS」の加藤シゲアキさん、岡田結実さんも出演する。

 「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」は11月22日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話。第1話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る