灼熱カバディ:テレビアニメ2021年4月スタート 内田雄馬が主人公・宵越竜哉に 岡本信彦が王城正人役

テレビアニメ「灼熱カバディ」のティザービジュアル(C)2020 武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会
1 / 7
テレビアニメ「灼熱カバディ」のティザービジュアル(C)2020 武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会

 スポーツ競技「カバディ」をテーマにしたマンガが原作のテレビアニメ「灼熱カバディ」が、2021年4月からテレビ東京ほかで放送されることが10月5日、分かった。メインキャラクターの声優として内田雄馬さん、岡本信彦さんが出演することも発表された。内田さんは主人公・宵越竜哉、岡本さんは能京高校カバディ部の部長・王城正人をそれぞれ演じる。宵越と王城が描かれたティザービジュアルも公開された。

 内田さんは「かつて不倒と呼ばれた天才が、カバディに出会い、カバディにのめり込み、カバディに熱く燃えたぎっていく。熱いです! 最高に熱いです!! アニメ『灼熱カバディ』、どうぞよろしくお願いします!」とコメントを寄せている。

 岡本さんは「王城はオーディションの時からやりたかった役なのでとてもうれしいです。第一印象では可愛さと狂気を持つ二重人格キャラクターと思っていたのですが、『キャプテンとしてクールかつもっとしっかりしている』とのことで、大分声の表現としては抑えめにやりました。楽しんでいただけたらうれしいです」と語っている。

 カバディは、競技中に「カバディ」と繰り返す発声”キャント”が特徴で、宵越と王城のキャントの音声も公式サイトで公開された。アニメは「モンスターストライク」などの市川量也さんが監督を務め、「名探偵コナン」「ルパン三世」などのトムス・エンタテインメントが制作する。

 「灼熱カバディ」は、武蔵野創さんが2015年から小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中のマンガが原作。高校生たちがカバディに青春を懸ける姿が描かれる。スポーツ嫌いで元中学サッカー界のエース・宵越竜哉は、高校に入学し、カバディ部に勧誘される。「カバディなんてネタだろ」と内心ばかにしつつ、練習を見に行くと、格闘技のような激しい競技が行われていた……というストーリー。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:市川量也▽キャラクターデザイン:高田真理▽音響監督:はたしょう二▽シリーズ構成:柿原優子▽脚本:柿原優子・後藤みどり▽音楽:伊藤賢▽アニメーション制作協力:ドメリカ▽アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る