あのコの夢を見たんです。:フラれて喜ぶ中条あやみが話題 「可愛すぎ」「すごく良かった」

テレビ
俳優の仲野太賀さんの主演ドラマ「あのコの夢を見たんです。」の第1話のワンシーン(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの妄想を描いた短編小説を、俳優の仲野太賀さん主演で実写化する連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)が、10月2日深夜に放送された。第1話のヒロインとして、モデルで女優の中条あやみさんが本人役で登場。視聴者からは「第1話の中条あやみがすごく良かった」「中条あやみ可愛すぎた」など話題を集めた。

 「あのコの夢を見たんです。」は、山里さんが実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作。恋愛小説やファンタジー小説の要素も含んだ“妄想物語”となる。2010年10月から雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)で連載がスタートし、2019年4月に16本に厳選した短編小説集として発売された。ドラマでは、既出のエピソードのほか、山里さんが新たに書き下ろしたエピソードも映像化する。仲野さんは民放ドラマ初主演。

 中条さんをはじめ、芳根京子さん、森七菜さん、飯豊まりえさん、大原櫻子さん、山本舞香さん、大友花恋さん、白石聖さん、鞘師里保さん、池田エライザさんら豪華女優陣が本人役で出演する。

 第1話は、学校一のモテ女、あやみは、次から次へと来る告白の嵐に、一度でいいから追いかけられる恋より追いかける恋をしたいと思っていた。そんな矢先、失恋を体験できるというアプリ「振られ屋」から連絡が来る。最初は疑心暗鬼だったあやみだが興味本位で登録してみると、次第にさまざまなシチュエーションで失恋を体験できるアプリにのめり込み……という内容だった。

 初めてフラれる場面では、中条さんが「よっしゃー! 生まれて初めてフラれた!」「この感じずっと待ってた!」と大喜びする姿が登場した。

 ドラマが始まる前、中条さんは「山里さんが小説に中条あやみの妄想を書いてくださった時はとてもうれしかったのですが、まさか自分で中条あやみ役を演じる日が来るとは思ってなかったので、今回のお話をいただけてとてもうれしかったです!」とコメントしていた。

 SNSでは、「フラれるの最高ー!って喜んでるのあの美貌だから成り立ってて笑ってしまった」「告白するときのあの感じも、フラれて喜ぶところも可愛すぎ」などの声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る