東京タラレバ娘2020:“3人娘”吉高由里子&榮倉奈々&大島優子 変わらぬ女の友情に「すてき」「めっちゃ憧れる」

テレビ
スペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」のビジュアル=日本テレビ提供

 女優の吉高由里子さん主演のスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」(日本テレビ系)が、10月7日に放送された。倫子(吉高さん)、香(榮倉奈々さん)、小雪(大島優子さん)たち“タラレバ3人娘”の変わらぬ友情に、「3人の友情すてきすぎ!!」「女の友情最高だな」「3人の友情にカンパイ」「女の友情は深し」「女の友情がすごい刺さった」と反響が寄せられた。

 「東京タラレバ娘」は、「海月姫」や「かくかくしかじか」で知られる東村アキコさんの同名マンガが原作。連続ドラマでは、アラサーで彼氏ナシの売れない脚本家・倫子と、ネイリストの香、居酒屋「呑んべえ」の看板娘・小雪の3人が、恋に仕事に悪戦苦闘する姿をコミカルに描いた。

 スペシャルドラマでは、連ドラ版から3年後、33歳になったタラレバ娘たちの様子を描く。香は一足早く結婚し今は人妻、小雪は夢だった自分の店の準備を進め、倫子も結婚へ向かおうとしていた。しかし、そんな倫子の前に俳優としてアメリカに渡っていたKEYが現れる。3年前にいろいろあった男の登場に動揺する倫子。さらに、香や小雪にも次々と思いがけない問題が発生して……というストーリーだった。

 劇中では、結婚式の最中に相手に逃げられてしまった倫子を元気づけようと、香と小雪が手を尽くす姿や、夫のことで悩んでいた香が“家出”をした際に、倫子と小雪が駆けつける様子などが描かれた。

 視聴者からは「こんな友情、いいな」「年を重ねてもすてきな関係性」「3人の関係性めっちゃ憧れる」とうらやむ声が上がったほか、「タラレバ娘たちの女子会ずっと見てられる」「女子3人最高だからまたいつか続編見たいな」といった声もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る