注目ドラマ紹介:「危険なビーナス」妻夫木聡主演のラブサスペンス 吉高由里子、ディーン・フジオカ、染谷将太、麻生祐未ら豪華キャスト出演

テレビ
連続ドラマ「危険なビーナス」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の妻夫木聡さん主演で、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「危険なビーナス」が10月11日に始まる。原作は東野圭吾さんの同名小説(講談社文庫)。独身獣医・手島伯朗(てしま・はくろう、妻夫木さん)が、突然現れた、失踪した異父弟の「妻」を名乗る謎の美女・矢神楓(吉高由里子さん)に行方捜しを頼まれる。楓にひかれて協力するうちに矢神家の遺産相続に巻き込まれる姿を描くラブサスペンス。ディーン・フジオカさん、染谷将太さん、中村アンさん、麻生祐未さんらが出演する。

 染谷さんは伯朗の異父弟で楓の夫・矢神明人、中村さんは伯朗が副院長を務める池田動物病院の看護師・蔭山元美、麻生さんは矢神家前当主・康之介の養女で銀座のクラブママ・矢神佐代を演じる。

 25分拡大で放送される第1話は、動物病院で診察をしていた伯朗の前に「弟の妻」を名乗る楓が現れ、明人が失踪したと聞かされる。楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかと話す。

 楓の言う親族とは、伯朗の母・禎子が、夫で伯朗の父の手島一清(R-指定さん)が病死した後に嫁いだ矢神家のことだった。伯朗は、禎子の連れ子として矢神家では肩身の狭い思いをしてきたため、禎子の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円ともいわれる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと、楓は訴える。

 矢神家とは関わらないと決めていた伯朗だが、楓と共に矢神の屋敷へ。そこには、昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカさん)ら一族の面々がそろっていた……。

 連続ドラマ「グランメゾン東京」(同系)、映画「キングダム」などの黒岩勉さんが脚本、連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」「家族ゲーム」(共に同系)、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)や映画「ストロベリーナイト」などの佐藤祐市さんが演出を担当した。

 伯朗と明人の母で16年前に謎の事故で死んだ矢神禎子は斉藤由貴さん、伯朗の叔父で数学者の兼岩憲三は小日向文世さん、禎子の妹で憲三の妻・順子は坂井真紀さん、16年前に死去した矢神家前当主の矢神康之介は栗田芳宏さん、禎子の再婚相手で矢神家の現当主・矢神康治は栗原英雄さん、康治の妹・矢神波恵は戸田恵子さん、康之介と後妻の間に生まれた支倉祥子は安蘭けいさん、祥子の夫で介護施設グループを営む支倉隆司は田口浩正さん、隆司と祥子の娘で、幼い頃から明人に好意を寄せている支倉百合華は堀田真由さん、祥子の弟の矢神牧雄は池内万作さん、矢神家の使用人で執事の君津光は結木滉星さんが演じる。

 お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴さん、ヒップホップユニット「Creepy Nuts」の「R-指定」さんも出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る