エール:“藤堂先生”森山直太朗に演出も驚いた 俳優ぶりに「ミュージシャンだってことを忘れてしまった」

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」で藤堂先生を演じた森山直太朗さん (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)第88回が10月14日に放送され、主人公・裕一(窪田さん)の恩師・藤堂先生(森山直太朗さん)が率いる部隊が悲劇に襲われた。

 第88回では、藤堂先生(森山直太朗さん)と再会した裕一(窪田さん)は、兵士の慰問のため翌日に行うコンサートに向けて、楽器ができる兵士たちを集めた急ごしらえの音楽隊メンバーと練習を始める。ラングーン滞在中に裕一がビルマで戦う兵士たちのために書いた曲「ビルマ派遣軍の歌」を高らかに歌う藤堂先生。音楽を通して皆の気持ちが通じ合い、腹を割って話をした翌日、コンサートを控えていた部隊が突如敵襲に合う。

 事態を飲み込めない裕一の目の前で次々と兵士が撃たれ、そしてついには、藤堂先生さえも命を落とすという悲劇的な展開で、視聴者に衝撃を与えた。

 ドラマには第1週から登場し、裕一を音楽の道に導いただけでなく、実直さや素朴さ、ときに見せる懐の深さで、まさに「恩師」と呼ぶにふさわしいキャラクターとなっていった藤堂先生。役を演じた森山さんと言えば、本職はヒット曲「さくら(独唱)」などで知られるシンガー・ソングライターだが、本作では俳優としての可能性を感じさせる演技を随所で披露してくれた。

 チーフ演出で、脚本も手掛けている吉田照幸さんは、改めて「藤堂先生が音楽の先生だったので、ミュージシャンの方にやっていただけるといいなって。音楽のことを知っていて『君には才能がある』と言うのと、そうじゃないのとでは、説得力が違うと思いますので」と森山さんの起用理由を明かしつつ、「途中から森山さんが(演技経験の乏しい)ミュージシャンだってことを忘れてしまっていて。それも森山さんが藤堂先生として生きてきてくれたから。だからこそ、ここまで(鮮烈な)裕一との別れになったのかなって思います」と印象を語っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る