極主夫道:“不死身の龍”玉木宏&“剛拳の虎”滝藤賢一がポーズ名で大喜利? “伝説の極道”のヨガ対決に「面白すぎるw」

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第2話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)第2話が、10月18日に放送された。かつて“不死身の龍”と“剛拳の虎”と呼ばれた龍(玉木さん)と虎二郎(滝藤賢一さん)のヨガ対決に、「ポーズの命名対決」「大喜利対決になっとるw」「ポーズ名対決最高」「面白すぎるw」「おなか痛いw」と視聴者は爆笑したようだった。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれたが、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第2話は、龍がかつて自分と双璧をなす“伝説の極道”だった虎二郎と再会。そんな中、ダイエットのために運動を始めた龍は、妻の美久(川口春奈さん)の勧めでフィットネスクラブに体験に向かう。ヨガ教室に参加すると、何とそこには虎二郎の姿があった。2人は一緒にヨガの体験を受けることになり……というストーリーだった。

 龍と虎二郎はヨガのポーズを取りながら、「組長に木刀でどつかれた時のポーズ」「組長にゴルフクラブでどつかれた時のポーズ」「ヘタこいて指詰める覚悟を決めた時のポーズ」「運転席から『ワレェこの車、山捨ててこい』って鍵を渡すポーズ」など、次々とポーズを“命名”した。

 この龍と虎二郎の様子に、視聴者からは「なんの対決w」「ヨガのポーズで大喜利対決すなw」「ただの大喜利対決」と“ツッコミ”が入っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る