田中圭:中谷美紀の夫役で史上初の“ファーストジェントルマン”に 映画「総理の夫」でW主演

映画
映画「総理の夫」に出演する田中圭さん(左)と中谷美紀さん(C)2021「総理の夫」製作委員会

 俳優の田中圭さんと女優の中谷美紀さんがダブル主演を務める映画「総理の夫」が2021年に公開されることが10月22日、分かった。田中さんは、女性総理の夫“ファーストジェントルマン”で鳥類学者の相馬日和役、中谷さんが史上最年少にして史上初の女性総理となった相馬凛子役をそれぞれ演じる。

 映画は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞を受賞したことでも知られる原田マハさんの20万部超えのベストセラー小説「総理の夫 First Gentleman」が原作。近未来の日本が舞台で、史上初の女性総理となった妻と、史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまう“鳥類オタク”の夫が、激動の日々に巻き込まれていく姿が描かれる。映画「俺物語!!」「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」などの河合勇人さんが監督を務める。

 田中さんは「何もしない主人公といいますか、巻き込まれ型の最たるものです。最愛の妻が総理になったことで生活が激変し、突然変わる人間関係や、立場。ただの鳥オタクだった僕が、政治という慣れない分野へ参入。そこで生まれるさまざまな珍事件や人間ドラマを、中谷美紀さん演じるカッコよくて美しい自慢の凛子と二人三脚で頑張りました」と話し、「日本の未来を明るく輝かせるために、一生懸命選挙カーにも乗りました。皆さんに愛される映画になったと思いますので、公開を楽しみにしていてください!」とアピールした。

 中谷さんは「世界各国にて女性首相が誕生する一方で、この日本で女性総理が誕生する日が訪れるのは、はるか遠い未来のようにも思えます。恐らく原作者の原田マハさんが、現状への悲観と、万が一訪れるかもしれない未来へのかすかな希望を込めて書かれた物語の中で、田中圭さんがコミカルかつ愛らしく演じてくださった夫・日和とともに、日本初の女性総理、相馬凛子として生きることがかないました」とコメント。「女性総理とその夫の物語ではありますが、これは全ての働く女性と、そのパートナーの生き方についての物語です。気負わず、楽しんでご覧いただける作品になっていると思います」と語った。

 河合監督は「田中圭さんは初めてご一緒するのですが、全く気負うことなく自然体で演じてくださり、まるで当て書きされたのではないかと思うくらいです。日本初のファーストジェントルマンという役柄にこの上ない魅力を与えてくれました。対する、日本初の女性総理を演じてくれた中谷美紀さんとは20年ぶりの再会。相変わらずお美しいのは言うまでもなく、スタッフはじめ各方面にきめ細かな気配りをしてくださるなど、日本初の女性総理は、かくやと思わせるステキな方でした」と2人を絶賛。

 原作者の原田さんは「日和役の田中圭さんはおちゃめで真っすぐな役柄にぴったり。凛子役の中谷美紀さんは書きながらイメージしていたのでとてもうれしい。このカップルが日本を変える、封切りの日が待ち遠しい」とメッセージを寄せた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る