麒麟がくる:金井浩人“浅井長政”が肖像画に「似ている」の声? お市様登場にも期待

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第29回に登場した浅井長政(金井浩人さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第29回「摂津晴門の計略」が10月25日に放送され、金井浩人さん演じる浅井長政(あざい・ながまさ)が初登場した。

 浅井長政は小谷城城主。織田信長(染谷将太さん)と同盟を結んでいたが、土壇場で朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)につき、金ケ崎で信長を窮地に陥れる人物だ。劇中では、10月11日放送の第27回「宗久の約束」の時点で、信長の口から名前は語られていた。また、浅井長政に嫁いだ信長の妹・お市は、「第15回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの井本彩花さんが演じることも発表されている。

 金井さん演じる浅井長政は第29回の終盤、二条城の完成を祝うシーンで登場。SNSでは「長政キター」「おおお浅井長政さまが」「てっきり浅井長政は出ないんじゃないかと思ってたけど、ちゃんと出てきたな!」などと視聴者は反応。「浅井長政、肖像画に似てないか?」「顔立ちが肖像画に近い浅井長政」「肖像画に似せてきたな、浅井長政」「長政、ガタイは良くないけど顔はかなり肖像画に寄せてるなあ」といった感想も多く、「んでお市様は?」「お市様は出ないのかな?」「お市は今のところ名前だけ?」「お市様も早く見てみたいな」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る