来週のエール:第21週「夢のつづきに」 音、オーディション会場で千鶴子と再会! 華は反抗期?

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第21週の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、11月2日から第21週「夢のつづきに」に入る。

 音(二階堂ふみさん)は、子育てで一度は諦めた歌手になる夢をかなえるため、声楽講師のベルトーマス(広岡由里子さん)に勧められたオペラのオーディションに挑戦する。審査員席には、懐かしい音楽学校時代のライバル・夏目千鶴子(小南満佑子さん)が……! 一方、華(古川琴音さん)は思春期で、母に反発することが増えていた。そして音が受けたオーディションは思わぬ方向に動く。そして、音と華のことが心配な裕一(窪田さん)は、2人のためにあることを思いつく。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

 第20週は、「長崎の鐘」を書き上げ、音楽への情熱を取り戻した裕一は、戦時中に出会った新聞記者の大倉(片桐仁さん)からの依頼で「全国高等学校野球選手権大会」の曲作りに取り組む。そんなある日、裕一と鉄男(中村蒼さん)は、藤丸(井上希美さん)に案内されて、久志(山崎育三郎さん)と再会する。戦後、自暴自棄の生活を続けていた久志に立ち直ってほしい裕一は、高校球児のために「栄冠は君に輝く」を歌ってほしいと頼む。やがて久志も裕一の思いに心動かされ……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る