35歳の少女:現役中学生インフルエンサーHinataが出演 柴咲コウと意気投合

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第4話の一場面=日本テレビ提供

 動画アプリ「TikTok(ティックトック)」で、280万人以上のフォロワーを抱える現役中学生インフルエンサーのHinataさんが、女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話(10月31日)に出演する。

 第4話で、望美(柴咲さん)は、多恵(鈴木保奈美さん)のことをなぜかうっとうしく感じ始めていた。そんな中、結人(坂口健太郎さん)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強がはかどり、中学の学習内容に進む。通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒と意気投合する。一方で、“反抗期”のイライラを感じていた望美に、新たなトラブルが待っていた……という展開。

 Hinataさんは、望美が通うはずだった中学校に通う生徒役で出演。2016年「東宝シンデレラ」オーディションで芸能界デビューした柿澤ゆりあさんと、映画やCMで活躍中の中尾百合音さんとともに登場。下校途中の3人と望美が、意気投合するシーンが描かれる。

 ドラマの脚本は遊川和彦さんで、遊川さんが手がけた「○○妻」「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームのオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る