森川葵:大人もときめく「おジャ魔女どれみ」の魅力 「魔女見習いをさがして」で声優に 好きだから葛藤も

アニメ 芸能
「魔女見習いをさがして」に出演する森川葵さん

 人気アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作品で、オリジナルスタッフが制作する劇場版アニメ「魔女見習いをさがして」(佐藤順一監督、鎌谷悠監督)が11月13日に公開される。子供のころに「おジャ魔女どれみ」シリーズを見ていた3人の女性が出会い、「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を旅する中で自分自身を見つめ直していく。3人のヒロインの声優として女優の森川葵さん、松井玲奈さん、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんという「おジャ魔女どれみ」の大ファンの3人が集まった。気弱な愛知県出身の大学4年生で22歳の長瀬ソラを演じた森川さんに「おジャ魔女どれみ」への思い、アフレコについて聞いた。

 ◇大人になっても可愛いものがずっと好き

 「おジャ魔女どれみ」は、魔女見習いになった主人公のどれみと、仲間たちが一人前の魔女になるための修業の日々が描かれた。テレビアニメ第1期が1999年2月~2000年1月、第2期「おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)」が2000年2月~01年1月、第3期「も~っと! おジャ魔女どれみ」が2001年2月~02年1月、第4期「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」が2002年2月~03年1月に放送された。

 森川さんは子供の頃、「おジャ魔女どれみ」の大ファンだった。アニメに励まされたり、勇気づけられたりしていたという。

 「幼かったので全部の記憶があるわけではないのですが、友達と『おジャ魔女どれみ』ごっこをしていました。好きだったのは(瀬川)おんぷちゃん。キラキラしていますよね。しっかりしていて、ズバッと言うところも好きでした。みんな性格も違って、自分に近い子を見つけたり、自分とは違う子を好きになったり。すごく覚えているのが、(春風)どれみちゃんが(赤ちゃんの)ハナちゃんの鼻水を吸ってあげるシーンです。大人になって、子供ができたらこういうことするのかな?できるのかな?と見てました。どれみちゃんが、ハナちゃんのお世話を投げ出して、お母さんに『赤ちゃんを育てることはそんなに簡単なことじゃない』と諭されるシーンもよく覚えています。私も子供ながらに『しっかりしなきゃ!』と思っていたんでしょうね。大人になっても、どれみちゃんが頑張っているんだから、自分もちゃんとしなきゃ!ちゃんとできる!と勇気をもらえるアニメです」

 「おジャ魔女どれみ」は、20年以上にわたって愛され続けている名作だ。その魅力は色あせることなく、森川さんも魅了され続けているという。

 「(どれみちゃんたちの)ファッションも好きでした。少し形が変わった服が好きなのは『おジャ魔女どれみ』の影響かもしれません。今も大人向けの『おジャ魔女どれみ』のコスメやグッズが発売されていますが、やっぱり胸がときめくんですよね。大人になって変わらないんです。女性は、大人になっても可愛いものがずっと好き。胸をときめかせるものが詰まっているから、ずっと愛され続けているんでしょうね」

 ◇葛藤もあるが… やり遂げるしかない

 「魔女見習いをさがして」は、子供の頃に「おジャ魔女どれみ」シリーズを見ていた27歳の会社員の吉月ミレ、22歳の教員志望の大学生の長瀬ソラ、20歳のフリーターの川谷レイカが主人公で、3人が出会い、一緒に旅に出ることになる。森川さんがソラ、松井さんがミレ、百田さんがレイカをそれぞれ演じる。

 「魔女見習いをさがして」の制作が発表されたのは2019年3月だった。当時、ストーリーなどは明かされておらず、オリジナルスタッフが集結することのみが発表された。森川さんも制作決定のニュースを見ていたが、出演することは決まっておらず、一ファンとして、公開を楽しみにしていたという。そんな森川さんに声優として出演のオファーがあった。スタッフは「おジャ魔女どれみ」を見て育ったキャストを考えていたといい、SNSで「おジャ魔女どれみ」への愛を語っていた森川さんがスタッフの目に留まったという。森川さんは出演が決まり「うれしかったです」というが、一方で葛藤もあったという。

 「制作が発表された時、絶対に見に行こう!と思っていたんです。だから、オファーをいただいた時は、びっくりしたんです。アニメが好きで、声優さんのお芝居が好き。好きだからこそ、私がやってしまったら……とすごく悩みました。いいのかな?という気持ちがあったんです。でも、ほかの人がやるのは、悔しいですし、やっぱり自分がやりたい!と思い、出演させていただくことにしました」

 アフレコを前に、同シリーズを手がける東映アニメーションの関弘美プロデューサーから作品について説明があった。森川さんはその言葉に勇気をもらった。

 「関さんから、なぜ私たちが選ばれたのか?というお話がありました。本当に好きだった人にやってもらいたかったというお話でした。プレッシャーも大きいのですが、選んでいただいたからには、やり遂げるしかない。プレッシャーで全力を出せないのは、もったいないですし」

 ◇好きだったものによって道を切り開けることだってある

 「普段のお芝居は、あまり声に感情を乗せない」という森川さん。アニメの声優はいつもとは勝手が違う。スタッフの丁寧なディレクションもあった。

 「『もっとナチュラルに』『しゃべっている感じに近づけていいよ』とお話があったんです。最初は、作りすぎていたんですね。佐藤監督が細かく指導してくださったのですが、こんなに丁寧に指導していただける現場もなかなかないですし、この作品に挑戦してよかったです」

 アフレコは、松井さん、百田さんと一緒だった。3人は「おジャ魔女どれみ」が好きという共通点があり、ソラ、ミレ、レイカとどこか重なる。

 「3人が集まった時、誰が好きだった?とかいろいろな話をして、盛り上がりました。家で台本を読んで演じた時は、感覚がなかなかつかめなかったのですが、松井さん、百田さんがいると、テンポなども固まってきました。相手がいることでしゃべり方、声のトーンなどが違ってきたんです」

 「魔女見習いをさがして」を通じて、前向きな気持ちにもなった。

 「自分の感情をあまり伝えずに生きてきたソラが、周りに背中を押され、勇気を振り絞って、気持ちを伝えるシーンがあったり、前向きになれる映画だと思います。大人になり、10代の頃と違う悩みもでてきて、乗り越える方法も分からなくて、前に進めなくてつまずくこともあると思います。でも、好きだったものによって、道を切り開けることだってあるんですよね。自分が大事にしていることは、環境が変わっても大事にしたいと感じました。『おジャ魔女どれみ』が好きだった人は、もちろん共感できますし、見たことがない人でも共感できるお話なので、いろいろな人に見ていただけるとうれしいです」

 最初は出演を悩んだ森川さんだが、アフレコを終えて「やってよかった」と笑顔で話す。「魔女見習いをさがして」は森川さんをはじめキャスト、スタッフの愛が詰まった作品になったようだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る