極主夫道:志尊淳&玉城ティナが初デートへ! 川口春奈はトランシーバーでサポート

連続ドラマ「極主夫道」第6話の場面写真=読売テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「極主夫道」第6話の場面写真=読売テレビ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話(11月15日放送)から新場面写真が公開された。雅(志尊淳さん)とゆかり(玉城ティナさん)が初デートに出かける姿や、龍(玉木さん)と美久(川口春奈さん)が雅たちのデートをお膳立てする様子が収められている。

 第6話では、雅のゆかりへの思いを知った美久が龍をはじめ、江口(竹中直人さん)や雲雀(稲森いずみさん)らと協力し、雅の初デートをサポート。美久はトランシーバーを使って雅に指示を送り、雅はそれに沿ってトークする作戦を立てる。さらに美久たちはデートの雰囲気作りに励み、場にそぐわないBGMやおかしなプレゼントなどが登場する“ハプニング”がありながらも、雅とゆかりの距離は意外にも少しずつ接近。しかし、物語には意外すぎる展開が待ち受けていた……。

 ドラマは新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る