綾野剛:コロナ禍のエンタメは「不要ではない」 北川景子と舞台あいさつに感慨

映画
映画「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」の公開記念舞台あいさつに登場した綾野剛さん(左)と北川景子さん

 俳優の綾野剛さんが11月14日、東京都内で行われた主演映画「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」(深川栄洋監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。終盤のあいさつで、綾野さんは「エンターテインメントというものは、初めに不要不急とされるものだと、今回痛感しました」とコロナ禍でのエンタメについて思いを告白。「でもその中で、今日こうして(この場に)立てているのは奇跡だと思う」と観客が参加する形の舞台あいさつの実施を喜び、「皆さんにお会いして『不急ではあっても、不要ではないんだ』と改めて教えてもらいました」と感慨深い表情で語った。

 舞台あいさつには共演の北川景子さん、深川監督も出席。北川さんも「お客様とこうして対面する舞台あいさつはすごく久しぶりで……。10カ月とか、それぐらいぶりになるのかなと思う」としみじみ語り、「やっぱりこうしてお客様の顔が見たくて、私たちは映画を一生懸命、頑張って撮影しているんだなと、改めて今日感じました」と笑顔を浮かべた。

 劇中で、北川さん演じる刑事・高千穂明日香とバディーを組む犬養隼人を演じている綾野さんは、北川さんについて「すごく波長が合う」と共演の感想をコメント。「今回2回目の共演なんですが、ずっと前から友人だった感覚が残っている。かつ、デビューもお互い2003年で同期だし、戦隊(特撮)もの出身ということもあって……。ある種、同じところから始まっている。ただ単純に楽なんですよね」と明かしていた。
 
 舞台あいさつでは、共通の質問への回答で2人の“コンビ度”を測る「No.1コンビ度チェック」も実施。綾野さんと北川さんは、5問すべてで同じ回答をして“コンビ度100%”をたたき出し、2人で「すごいうれしい」と喜んでいた。

 映画は中山七里さんのクライムサスペンス小説「ドクター・デスの遺産」(KADOKAWA)が原作。終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、警視庁捜査1課の犬養隼人とバディーである冷静沈着な刑事・高千穂明日香が捜査に乗り出す。やがて、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者の存在にたどり着く。そんな中、重度の腎臓病に苦しんでいる犬養の一人娘の沙耶香が、ドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまい……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る