ドラマ1週間:22年大河「鎌倉殿の13人」源頼朝は大泉洋、源義経は菅田将暉 高畑充希が初の医者役

テレビ
2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」人物相関図=NHK提供

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(11月14~20日)は、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源頼朝役は大泉洋さん、源義経役は菅田将暉さんに決定した話題や、女優の高畑充希さんが2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務め、初の医師役に挑戦する話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 15日、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)で主演を務めることが分かった。亀梨さんが同枠のドラマに主演するのは「ボク、運命の人です。」以来、約4年ぶり。恋人の命を奪った連続殺人鬼を追う特別捜査官・伏見響介を演じる。

 16日、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの妄想を描く短編小説を、俳優の仲野太賀さん主演で実写化した連続ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)の最終話に、女優の橋本愛さんが本人役でゲスト出演することが分かった。

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第1次出演者として、11月16~20日の5日間にわたって24人の新キャストが発表された。源頼朝を大泉さん、源義経を菅田さんが演じるほか、小池栄子さんが北条政子役、松平健さんが平清盛役をそれぞれ務める。

 16日、俳優の藤原竜也さんが主演し、2021年1月から放送される連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の追加キャストが発表された。藤原さん扮(ふん)する主人公・嶋田隆平が勤める赤嶺中学校の生徒を演じるキャストで、放送中のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で徳川家康の少年時代を演じた池田優斗さん、連続ドラマ「あなたの番です」シリーズ(日本テレビ系)で“謎の少年”榎本総一を演じた荒木飛羽(とわ)さん、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」などに出演した鈴木梨央さんらが出演する。

 17日、高畑さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務めることが明らかになった。岡田惠和(よしかず)さんが脚本を手がける初の医療ドラマで、高畑さんは主人公の“秘密”を抱えたドクター、紅野真空(くれの・まそら)を演じる。

 17日、女優の吉田羊さんが主演を務めるWOWOWのクライムサスペンスドラマ第3弾「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」のミニガイド映像の「キャスト」編と「ストーリー」編が解禁された。吉田さんや永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さん、三浦友和さんらレギュラーキャストが、5人の絆の深化や、シーズン3の見どころなどを語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る