先生を消す方程式。:第5話ラストで衝撃の展開 田中圭が土の中からよみがえる 「闇の義経、襲来」

連続ドラマ「先生を消す方程式。」の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「先生を消す方程式。」の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第5話が、11月28日に放送された。ラストに、殺されて山中に埋められたはずの主人公“義経先生”こと、義澤経男(田中さん)が土の中からよみがえるという衝撃の展開が描かれた。第2章のタイトルが「第2章 闇の義経、襲来編」となることも明らかになった。

 「先生を消す方程式。」の舞台は、大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集う進学校・帝千学園の3年D組。何をされても笑顔で指導を続ける新担任の義澤に、生徒たちは行動をエスカレートさせ、義澤殺害計画が立てられるという異色の学園ドラマだ。脚本は「M 愛すべき人がいて」の鈴木おさむさんが手がける。

 第5話のラストでは、稲妻が鳴り響く中、生徒・伊吹命(秋谷郁甫さん)の怪しげな儀式によって、地上に姿を現した義澤。顔は泥だらけ、目はうつろで、何を考えているのか表情からうかがうことはできず、その不気味な姿はまさに“闇の義経”といった状態。一体、“闇の義経”はどういう存在なのか……。

 12月5日放送の第6話(午後11時40分から放送)では、“闇の義経”が3年D組の生徒、藤原刀矢(高橋文哉さん)、長井弓(久保田紗友さん)、大木薙(森田想さん)、剣力(高橋侃さん)の前に出現。彼らへ“恐怖の復讐劇”を繰り広げる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る