恋する母たち:“赤坂”磯村勇斗の「ワンコ感すごい」と話題に

テレビ
ドラマ「恋する母たち」の第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が11月27日、放送された。磯村勇斗さん演じる赤坂剛が、不倫していたが別れることになった林優子(吉田羊さん)に電話するシーンが登場。SNSでは、赤坂の「『すぐ切りますから……』がワンコすぎて切ない」「磯村くんのワンコ感すごい」など話題を集めた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田さん、仲里依紗さん演じる同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 第6話は、千葉で一人暮らしをスタートさせた優子。千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違うのに戸惑っていた。あいさつに行った得意先のスーパーで嫌みなことを言われるなど、驚くことばかりだったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。

 そんな時、杏(木村さん)の勤める高根不動産に「吹っ切るために住む所を変えたい」という男性がやって来る。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたため、優子が思っている赤坂ではないかと察して……という内容だった。

 赤坂が優子に電話をかける場面で、「営業どうですか?」と問いかけた赤坂に優子が「もうあなたと話すことないわ」と話すと、赤坂は「すぐ切りますから。営業のワンポイントアドバイスです。僕、ずっと営業だったんで。最近、みんな営業あっさりしていますけど、昭和な感じでやったほうがいいと思うんです。相手はみんな昭和のオヤジばっかですから」とアドバイス。

 「分かっているわよ」という優子に対して、赤坂は「分かっていると思うんですけど、分かっているのとやるのとは違うんで。困ったことがあったら赤坂を呼び出してください。じゃあ」と自ら電話を切って……という展開が描かれた。

 SNSには、「磯村くんのワンコ感すごい、困ったことがあったら赤坂を呼び出してください、、うわぁぁきゅんだわ」「赤坂くんけなげだなあーかわいい」「恋する母たちの赤坂くんにメロメロ」といった声が上がっていた。

 ほかにも、「赤坂くんと優子さんもっと見たい」「赤坂くんと優子さんの二人だけのシーンをもっと見たかったな~来週盛りだくさんに期待します」と2人のやりとりに期待する声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る