危険なビーナス:第9話視聴率8.7%で初の1桁 妻夫木聡&吉高由里子に亀裂 矢神家に新たな隠し子発覚

連続ドラマ「危険なビーナス」第9話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「危険なビーナス」第9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の妻夫木聡さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」枠の連続ドラマ「危険なビーナス」(日曜午後9時)の第9話が12月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、初の1桁となった。

 ドラマは、東野圭吾さんの同名小説(講談社)が原作。独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木さん)が、異父弟・矢神明人(染谷将太さん)の失踪事件をきっかけに、明人の「妻」を名乗る謎の美女・矢神楓(吉高由里子さん)と共に、名家・矢神家の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑んでいく“危険なラブサスペンス”。

 第9話は、楓が暮らすマンションで楓と勇磨(ディーン・フジオカさん)に追い返された伯朗の元を、楓と勇磨が「誤解を解きたい」と訪ねてくる。3人で明人を捜そうと言う2人に、伯朗は不信感を抱く。そんな矢先、康治(栗原英雄さん)の死期が迫り、矢神家で親族会が開かれる。その席で、伯朗が楓に向けて「あなたは明人の妻じゃないですよね」と問い詰める。さらに、波恵(戸田恵子さん)は、矢神家の使用人兼執事の君津(結木滉星さん)が矢神家前当主・康之介(栗田芳宏さん)の隠し子だと打ち明ける……という展開だった。

テレビ 最新記事