恋する母たち:来週最終回で「すでにロス」 木村佳乃、吉田羊、仲里依紗演じる母たちの幸せ願う声も

テレビ
ドラマ「恋する母たち」の第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が12月11日、放送された。ドラマは、18日の放送で最終回を迎えることから、視聴者から「もうすでに恋ははロス」「こいははロス確定」などの声が続々と上がっていた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲里依紗さん演じる同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 第8話は、杏(木村さん)と斉木(小泉孝太郎さん)が結婚。週刊春潮を辞めた斉木は、一級建築士を目指す。犬を飼う生活に憧れていた杏は、彼の家で犬と一緒に幸せな新婚生活をスタートさせ、息子の研(藤原大祐さん)は、自分の意思で慎吾(渋川清彦さん)、綾子(夏樹陽子さん)と一緒に暮らすことに決めた。

 まり(仲さん)は、綾子の会社のストーン・ビューティーのモデルとして、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍していた。生き生きと働くまりに繁樹(玉置玲央さん)は、妻の魅力を再認識する。しかし、まりの心には丸太郎(阿部サダヲさん)しかおらず、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。

 一方、千葉での仕事も順調な優子(吉田さん)の元に、与論島のシゲオ(矢作兼さん)から「大介(奥平大兼さん)を題材にした新しい小説を書き始めた」と連絡が入った。さっそく読んだ優子はうれしさのあまりシゲオに電話し、大介とも久々に会話をする。ぶっきらぼうながらも正月に会う約束をした2人は、少し距離が縮まっていた。そして、物語は2020年へ。母たちの新しい生活が始まろうとしていて……という内容だった。

 SNSでは、「来週もう最終回?! もう赤坂くん(磯村勇斗さん)見れないの?」「赤坂くん。やばいやばいやばいもうロス」「えええ、もう次最終回 赤坂ロス、丸太郎ロスだよ……」「今から丸太郎ロス」といったコメントが並んだ。

 「もう次最終回なのか~さみしい! 赤坂くんが幸せになれますように」「赤坂くん、結婚は優子さんとして」「恋する母たち、3人には幸せになってほしい」などの感想も書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る