先生を消す方程式。:いよいよ今夜完結 義経が語る「愛の方程式」と頼朝の「汚れた方程式」 勝つのは果たして

テレビ
連続ドラマ「先生を消す方程式。」最終回の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)最終回が12月19日に放送される。担任教師・義経こと義澤経男(田中さん)と、副担任・頼田朝日(頼朝、山田裕貴さん)の戦いがいよいよ完結。義経が語る「愛の方程式」と頼朝の「汚れた方程式」、勝つのはどっちだ。

 先週放送された第7話では、記憶を取り戻した義経が“命”をテーマに授業を行っていたところ、眠り続ける義経の恋人・前野静(松本まりかさん)を引き連れた朝日が乱入した。最終話では、朝日が「自分に逆らえばすぐにでも静の人工呼吸器を外す」と宣告。静の命を盾に義澤に服従を要求するとともに、教壇に立って授業を開始する。

 授業では、高校時代の朝日と担任教師だった静とのエピソード、なぜ静を襲ったのかなどの事実が明かされる。真相を聞き、怒りに震える義経は、朝日に反撃しようとする。しかし、義経の授業によって“心”を取り戻した藤原刀矢(高橋文哉さん)が、朝日から「お前が刺さなきゃ、静を殺す」と義経を刺すよう脅される。なお、最終回の予告映像では、ナイフを手に義経に向かって突っ込んでいく刀矢の姿が映し出されている。

 物語の終わりには何が待ち受けているのか、義澤が最後に生徒に送る「愛の方程式」とは。衝撃のラストが襲いかかる……。

 物語の舞台は、大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒の集う進学校・帝千学園の3年D組。何をされても笑顔で指導を続ける新担任の義経に、生徒たちは行動をエスカレートさせ、殺害計画が立てられるという異色の学園ドラマだ。「M 愛すべき人がいて」の鈴木おさむさんが脚本を手がけている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る