仮面ライダーゼロワン:“迅”中川大輔&“滅”砂川脩弥 コロナ禍での1年完走に安堵 劇場版や俳優としての今後を語る

アニメ 映画
「仮面ライダーゼロワン」で滅/仮面ライダー滅を演じた砂川脩弥さん(左)と迅/仮面ライダー迅を演じた中川大輔さん

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」の映画「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」(杉原輝昭監督)が12月18日に公開された。テレビシリーズの“その後”を描く物語で、最終回にも登場した伊藤英明さん演じる“謎の男”エス/仮面ライダーエデンに、飛電或人/仮面ライダーゼロワン(高橋文哉さん)らが立ち向かう。同作で迅/仮面ライダー迅を演じた中川大輔さんと、滅/仮面ライダー滅を演じた砂川脩弥さんの「滅亡迅雷.net」の“親子コンビ”に、1年間演じてみての心境や思い出深いシーン、互いの印象、俳優としての今後の目標などを聞いた。

 ◇例年にない“特殊”な状況下でのテレビシリーズを回顧

 今年8月に最終回を迎えた「仮面ライダーゼロワン」で一年間走り続けた心境を、砂川さんは「今年はコロナがあり作品をきちんと終わらせられないかも……という不安が、キャストはじめ、関わってきた皆さん全員が持っていた」と新型コロナウイルスによる撮影への影響に不安を感じていたと明かし、「そういう意味では例年と比べて達成感というのがまた違うかもしれません」としみじみ語る。

 中川さんも「終わった直後の感情は『良かったなぁ……』という感じ。最終話まで届けられたことが一番、安心しました」とうなずく。

 作品を通して学んだことや成長した点を質問すると、「作品にはいろいろな人が関わっていて、以前は自分のことで精いっぱいでできなかったけど、スタッフさんのことを見たり、考えたりできるようになったのは大きい」と砂川さん。そして、「一年間勉強になりましたし、すごく成長できたと感じているので、次の仕事に経験を生かせたら」と力を込める。

 精神的に“タフ”になったと話す中川さんは、「小さいことを気にしちゃうタイプで、他人から見たらどうでもいいようなことを気にしちゃう感じでしたが、毎日『全然できなかったな……』みたいなことを一年間繰り返しているうちに、今は良い意味で気にしなくなりました」と変化を実感し、「役を通して芝居というものを教えてもらいました」と充実感をにじませる。

 ◇「ゼロワン」出演の反響の大きさに驚くも…

 「仮面ライダー」シリーズ出演の反響について砂川さんは、「仮面ライダー好きの友達から『仮面ライダーに出ていてすごい』と言ってもらえたのも誇りだし、アルバイトしながら芸能活動していたので身内も自分のことを誇りに思ってくれるようになったと思う」といい、「『ゼロワン』を見てくださったことでファンの方が増えたのがうれしい」と喜ぶ。

 一方、中川さんは「おいっ子、めいっ子が特撮に夢中な年ごろで、新年に集まった時に変身アイテムで遊んでいた」と身近な人の反響を目撃したのがうれしかったといい、「特に男性で応援してくれる方が増えました」とにっこり。砂川さんも「同性から認められるのはうれしい」と同意する。

 反響を喜ぶ2人だが、砂川さんは「プライベートで声を掛けられたのは1回かな。駅で『砂川さんですか』って言われた時はめっちゃうれしかった! でも、そんなに“オーラ”ないのかなって悩んでいます」と苦笑い。中川さんは「1回もない。何でだろう?」とちゃめっ気たっぷりに話す。

◇互いの考え方を尊重し合いながら作り上げた“親子コンビ”

 「滅亡迅雷.net」の“親子コンビ”として共演してきた2人に、初対面から印象の変化があったか質問すると、砂川さんが「最初(中川さんは)めちゃめちゃクールな人と思っていたのですが、話し始めたらすぐ変わりました」と回答。

 すると中川さんは「話しやすい人で良かった。2人ともアニメ好きだし、男子高校生ノリがまだ残っているみたいな部分が共通していたのが本当に良かった。めちゃくちゃクールな人だったらキツかったかも」と話し、砂川さんも「2人とも結構な中二病(笑い)。変な話で盛り上がった」と楽しそうに振り返る。

 演じている中で“コンビ感”が出てきたと感じた瞬間を、「滅が一瞬機能停止した時、迅が滅のことを思っているとか、プログライズキーを入れる時に滅の名前を出してくれたのはコンビ感をすごく感じた」と砂川さん。対して中川さんは、「最初のころ、『滅はどっしりと構えているキャラクターだから、自分の迅という役は正反対で動き回る役でいてほしい』と言われて、そこからうまくコンビのコントラストが理解できた」と人物像の違いがコンビ感の醸成に役立ったと説明する。

 “相方”として共演する中で2人が共に印象に残っているのが、第42話でイズ(鶴嶋乃愛さん)を破壊した後に滅が立ち去るのを迅が止めるシーンという。砂川さんが「(監督の)田崎(竜太)さんから『本当にそれでいいのか。止められるのか』と言われて、初めて2人でしっかり話し合いました」と述懐。中川さんは、「それぞれの役についてはその人がしっかり確立しているし、違和感は一緒にやっていてなかった。泣く演技は逆に話さなかったですね」と互いに信頼し合っていたと解説する。

◇初変身シーンに感慨も2人同時変身には苦戦

 テレビシリーズで印象に残っているシーンは……と水を向けると、砂川さんが「やっぱり初変身」と即答。その理由を「もともと仮面ライダー好きで平成初期あたりから見ていて、小さいころは子どもにありがちな『いつか変身できる』と思っていました(笑い)」と切り出し、「ずっと変身したい気持ちを持っていたので、自分の変身シーンをテレビで見た時は感動しました」と笑顔を見せる。

 中川さんも「変身はうれしいですね。やっぱりそういう男子高生みたいなノリが残っているので」と楽しそうに話す。

 そんな息の合った2人だが、唯一と言っていいほど苦戦したのが同時変身で、砂川さんが「全然うまくいかなかった」と苦笑いすると、中川さんも「難しい」としみじみ。砂川さんが「迅が上に投げて、滅がわりと変身動作が少ないので、なかなかタイミングが合わなかった」と口にすると、中川さんは「(砂川さんが)合わせてくれました」と感謝した。

◇中川は「実在感ある演技」、砂川は「自分の色を持つ」が俳優業の目標

 俳優として次にどのような作品に出演してみたいかと聞くと、砂川さんは「ホラー映画」、中川さんは「サスペンス」という答えが。

 砂川さんは「怖い話が好きで、寝る前にラジオ感覚で聞くことも。怖がる演技はあまりやっていないし、滅も強いムードの役。おびえたり怖がったりというのは難しいだろうけど演じるのが面白そう。メークして怖がらせる側も楽しいかも」と目を輝かせながら話す。

 サスペンスと答えた中川さんは、「特撮は動きが多いので、机で真正面に座りながら言葉でバトルしているといった、作品でいうと『十二人の怒れる男』のようなワンシチュエーションものに挑戦してみたいです」と熱い口調で語る。

 さらに今後どのような俳優になっていきたいかという話題に、「この役、生きているなと思われたい。『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランドのように、本当に生きている、本当にいるという実在感ある演技ができるようになりたい」と中川さん。一方、砂川さんは「自分の色を持った俳優になりたい。名前を挙げさせていただくとしたら佐藤二朗さん。自分しかできないと言われるような演技を持った俳優になりたい」と意気込んだ。

◇テレビシリーズとは“ひと味”違う姿を見てほしい

 劇場版は“集大成”的な立ち位置にあたるが、砂川さんは「滅は憎しみという感情をどこかに置きながら演じていたので、ものすごく迷った」とテレビシリーズとの違いについて切り出し、「目力や目線、声質などに悩み、少し変化をつけようという気持ちで演じました。自分は変えたつもりですが、一年間やってきたものが染みついているので、もしかしてあまり変わっていなかったらごめんなさい」と冗談交じりにこだわりを明かす。

 「劇場版は集大成というより“新しいスタート”という感じがする」という中川さんは、「迅はテレビシリーズではシリアスな展開が多かったのですが、劇場版では解放されたというか、迅と諫(岡田龍太郎さん)が明るい役を担っていたので楽しくやらせてもらいました」と言ってほほ笑む。

 劇場版での滅&迅の見どころを聞くと、砂川さんは「最終回で“いいやつ”になったみたいな雰囲気を出していますが、滅がどういうふうに“正義の味方”をやるのかはまだ皆さんは知らない」と前置きし、「滅は今こういうことをしているというのを知ることができるし、新イズに滅はどう接していくかのかも自分が悩んだ部分なので、そういうところも見てほしい」とアピール。

 中川さんは、「明るい子どもらしさが戻った迅を楽しく演じさせてもらったので、その“わちゃわちゃ感”を見てほしい。テレビシリーズでほぼ絡みがなかった諫と一緒のシーンが多く、滅とは違ったコンビの関係性も見ていただけたら」と話すも、「滅のヒーロー感も見てほしい。完全にヒーローモードなので」と最後まで“コンビ”仲の良さを見せていた。(取材・文:遠藤政樹)

 ※田崎竜太監督の崎はたつさき

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る