麒麟がくる:“愛すべき男”義景の最期に思いはせる ユースケ・サンタマリア「朝倉家は永遠に不滅です!」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第37回の一場面 ユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第37回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」が12月20日に放送され、ユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景の最期と、朝倉家の滅亡が描かれた。

 義景役のユースケさんはドラマの公式ツイッターを通じてコメントを発表。「愛すべき男が亡くなりました」と切り出すと、「これははっきりと言えますが、このドラマに出演されている方、そしてスタッフの皆さんの中で、誰よりも僕が朝倉義景を愛していました」と断言。「あっけない最期でしたが、きっと彼は生まれる時代を間違えたのだと思う」としながらも、「一乗谷は、経済的に繁栄していただけでなく、文化的にも発展していました。義景自身も芸術にたけ、残された手紙を見ても達筆で文才もあった人です。今回のドラマでは一切描かれていませんが(笑い)、今の時代だと彼の考え方や感性は、世のため人のためになっていたかもしれません」と思いをはせた。

 さらに「クランクインしたときは『この人、何を考えているんだろうな?』と探りながら演じていましたが、どんどん好きになっていきました」といい、「僕の心の中では、朝倉家は永遠に不滅です! そして、大河ドラマのオファーが今後くるのかは分かりませんが、チャンスがあればもう一度、皆さんとお会いしたいと思っています」と締めくくった。

 第37回は、上洛(じょうらく)間近の武田信玄(石橋凌さん)の進軍が、突然止まる。義昭(滝藤賢一さん)は援軍を得られず孤立、藤吉郎(佐々木蔵之介さん)率いる織田軍に捕らえられる。二条城にいた幕臣・三淵(谷原章介さん)も捕らえられ、早々に信長(染谷将太さん)方についた弟・藤孝(眞島秀和さん)と苦しい再会を果たす。

 菊丸(岡村隆史さん)より武田信玄が秘密裏に死んだことを知らされる光秀(長谷川さん)。その報告を受け信長は、後ろ盾を失った朝倉・浅井に対して兵を挙げ、一気に攻め滅ぼす。ついに権力の頂点に立った信長は、ある突拍子もない願いを朝廷に突きつける……という展開だった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る