この恋あたためますか:“樹木”森七菜の前で涙… “まこっちゃん”仲野太賀に絶賛の声 「良い人過ぎ」「優しさに泣いた」

テレビ
森七菜さんの主演ドラマ「この恋あたためますか」の最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の森七菜さん主演の連続ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」(TBS系、火曜午後10時)の最終回が12月22日に放送された。仲野太賀さん演じる“まこっちゃん”こと新谷誠が、樹木(森さん)の前で、涙を見せる場面が描かれ、視聴者からは、「仲野太賀の泣き演技がこっちまで泣ける」「まこっちゃんの優しさに泣いた」といった声が上がるなど、話題となった。

 ドラマは、21歳のコンビニアルバイトの井上樹木(森さん)と、樹木が勤めるコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽拓実(中村倫也さん)が、コンビニスイーツの開発を通して、次第にお互いを意識し、引かれ合うようになる……というオリジナル脚本の物語。

 最終回では、樹木は、新谷の思いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽から思いを告げられる。樹木、浅羽、新谷、北川里保(石橋静河さん)それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる。樹木は、新谷ではなく、浅羽を選んで……という内容だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#恋あた」が世界トレンド1位になるなど、大盛り上がり。樹木と新谷の2人のシーンでは、新谷は「拓兄ぃとクリスマス過ごしたい。そう言おうとしたんだよね? しっかりしろよ。話があるから呼び出したんだろう? ならひるむなよ。俺なんかに気使うなよ」と話す。

 そんな新谷に、樹木は涙ながらに「ごめん……私……社長が好きです」と告げると、新谷は「うん」と返事をする。そして、「拓兄ィのところに行きな」と言って、涙をこぼして……という展開だった。

 SNSでは、「まこっちゃん良い人過ぎ」「まこっちゃん幸せになってくれ」「最後まで最高にかっこよかったよ、まこっちゃん!!」といったコメントがずらり。仲野さんの演技について、「仲野太賀の笑った時のくしゃっとした笑顔も、切ないひとすじの涙を流す表情にキュンキュンした」「あそこで涙すんの、太賀くん最高すぎる」「仲野太賀がいてこそのドラマだったなぁ。太賀は上手いなぁ。。」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る