SixTONES:紅白初出場 「Snow Manの分まで」の言葉にSNSで反響 「スノスト最強」「来年こそ2組で」

テレビ

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」が12月31日放送の「第71回NHK紅白歌合戦」に登場。同グループは紅白初出場で、YOSHIKIさんがプロデュースしたデビュー曲「Imitation Rain」を披露した。

 歌唱前、ジェシーさんは「とても緊張しているんですけれども、テレビの前の皆さんにズドンと見せつけたいと思います」と意気込むと、高地優吾さんは「同じステージに立つはずだったSnow Manの分まで、僕たちSixTONESが(頑張ります)。メールをさせていただいて、エールをいただいたので、画面越しですが届けていきたいです」と語っていた。

 SixTONESと同時にデビューしたSnow Manは、紅白歌合戦への出場が決まっていたが、メンバーが新型コロナウイルスに感染していたため、出場を辞退していた。

 高地さんの言葉に、SNSでは「SixTONES、SnowManの分までありがとう」「スノストやっぱ最強だね!」「Snow Manは見てるよ」「高地くん ありがとう」「来年こそSixTONESとSnow Man2組で紅白出られますように」などの反響があった。

 「第71回NHK紅白歌合戦」のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。白組司会を俳優の大泉洋さん、紅組司会を女優の二階堂ふみさんが担当。総合司会は4年連続、4回目となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の桑子真帆アナウンサーと共に務める。今年は初の無観客で開催で、NHK総合ほかで12月31日午後7時30分~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る