嵐:活動休止前のラスト紅白で輝き放つ 「虹のかかった美しい空が広がりますように」「またね」

 今年いっぱいで活動休止となる人気グループ「嵐」が12月31日放送の「第71回NHK紅白歌合戦」に登場。「嵐×紅白 2020スペシャルメドレー」をパフォーマンスし、活動休止前のラスト紅白で輝きを放った。

 嵐はこの日、5人おそろいのジャケット姿で登場し、メドレーでは米津玄師さんが提供した「カイト」などを披露。曲の合間には、櫻井翔さんが「小さなカイトに今、時代の風が容赦なく吹き付けているかのようです。去年1月に活動を後2年だけと発表した僕たちも夢を掲げ、懸命に走り続けた僕たちも戸惑いと絶望に襲われました」と語ると、大野智さんは「大事な人を突然失って、呆然(ぼうぜん)としたメンバーもいました。そんな僕らのそばで消えずにいてくれたものがありました。たくさんの熱い声援と希望を語り続ける歌たちと、嵐という奇跡のような場所です」とコメント。

 続けて相葉雅紀さんが「おかげで僕たちはもっともっと深い悲しみ、苦しみに思いを寄せるほうに、かじを切ることができるようになりました」というと、二宮和也さんは「かなわなかった夢も嵐の21年の歴史の一部です。そこにはこの時間からもらった知恵や勇気、慰めや思いやり、すべてしっかり記していこうと思います」、松本潤さんは「あと2時間あまりで年が明けて、僕たちの嵐は、いったんやみます。嵐が去ったあと、虹のかかった美しい空が、どうかみなさんの前に広がりますように。明けない夜はないと信じて」とメッセージを語っていた。

 嵐の歌唱後、総合司会の内村光良さんも「嵐のみんな、ありがとうございました。ひとまずお疲れ様です、5人がそろった姿、また待っているから。名残惜しいけどまたね」と、ねぎらいの言葉をかけると、メンバーは「ありがとうございました。またね」と手を振っていた。

 「第71回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を俳優の大泉洋さん、紅組司会を女優の二階堂ふみさんが担当。総合司会は4年連続、4回目となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村さんが同局の桑子真帆アナウンサーと共に務める。今年は初の無観客で開催される。NHK総合ほかで12月31日午後7時半~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る