麒麟がくる:“熙子”木村文乃が思いつづる 「志半ば」も穏やかな夫婦の時間に「感謝」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第39回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第39回「本願寺を叩(たた)け」が1月3日に放送され、光秀(長谷川さん)の妻・熙子(木村文乃さん)の最期が描かれた。

 熙子役の木村さんはドラマの公式サイトでコメントを発表。「熙子は志半ばだったと思います。麒麟を連れてくる十兵衛様の姿をその目で見たかったはずだし、成長していく子供たちをもっと見守りたかったと思います。平和を願っていた人なので、みんなが笑っている世の中を見ることなく去ることに心残りがあったはずです。ただ、戦国の世にありながら短い時間でしたが十兵衛様と穏やかな夫婦の時間を過ごせたことには感謝していたと思います」と思いを代弁した。

 さらに木村さんは、「私にとっては、夫婦や家族というものに向き合ってきた1年でした。熙子は、悲しい言葉もつらい現実も全部受け止めて、自分の中で温めながら解決法を見つけていくような女性です。そんな熙子を演じながら、多くのことを学んだような気がします」としみじみとし、「熙子は去りますが、これからはたくましく育った子供たちが熙子に代わって十兵衛様を支えてくれると思うので、その姿をみなさまに見守ってもらえるとうれしいです」とつづった。

 第39回は、戦に次々と勝利し、朝廷より武士としては最も高い冠位を授けられる信長(染谷将太さん)。しかし、三条西実澄(石橋蓮司さん)は、もはや帝(坂東玉三郎さん)さえもないがしろにするその態度を危険視していた。大坂本願寺との戦いに疲弊する光秀の元にやってきた信長は、一方的でむちゃな要求を繰り返す。そんな中、高熱で倒れる光秀。運び込まれた京の館で、必死に回復を祈る妻・熙子だったが……という展開だった。

 光秀が回復する一方、日に日に弱っていく熙子。最後の2人きりの時間に思い出話に花を咲かせると、熙子は光秀に「私は麒麟を呼ぶ者が、十兵衛様、あなたであったならと、ずっと、そう思っておりました。あといくつ戦をしのげば、穏やかな世が見られるのでしょうか? (娘の)岸やたまの子は戦を知らずに育つでしょうか?」と思いを伝える。

 さらに「眠くなりました」と光秀の腕の中で目を閉じる熙子。すると、ナレーションで「天正4年秋、光秀の妻 熙子は、その生涯を閉じた」と語られ、同回は終了した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る