教場II:“エンドロール後”衝撃ラストに視聴者「震えた」と騒然 “風間木村拓哉の失われた右目の真相明らかに 続編希望の声も

スペシャルドラマ「教場II」後編のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
スペシャルドラマ「教場II」後編のワンシーン(C)フジテレビ

 木村拓哉さん主演のスペシャルドラマ「教場II」(フジテレビ系)後編が1月4日放送された。後編ではエンドロール後に、木村さん扮(ふん)する風間公親が右目を失った過去の事件について描かれるという“衝撃ラスト”にSNSでは「爪痕残し過ぎのラスト!」「衝撃すぎ!」「震えた…」「ラストにおののく」といった声が多数上がり、騒然とさせた。

 ドラマは長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)が原作。本作はさまざまな秘密や思惑を抱きながら警察官を目指す生徒が集う警察学校を舞台に、警察官にふさわしくないと判断した生徒たちに容赦なく退校届を突き付ける“最恐”の教官・風間公親(きみちか、木村さん)と生徒の関係性を描くミステリー作品。今作は、昨年1月に2夜連続で放送された第1弾の続編となる。

 後編では、風間が教官を務める教場では200期生全30人の内、2人が退校した。そんな中、風間は、199期で入学するも心に傷を負い休学、後に200期として復学した石上史穂(上白石萌歌さん)を呼び出す……という展開だった。

 200期の生徒の卒業式が終了し、エンドロールが流れた後に、刑事時代の風間と風間の後輩刑事の遠野章宏(北村匠海さん)が登場した。土砂降りの中、雑居ビルで、遠野が千枚通しを手にした男に首を刺され、その後、風間と男がもみ合いになるが、風間は、千枚通しで右目を刺されてしまう。逃走した犯人は、当時バイク便で働いていた200期の生徒、鳥羽暢照(のぶてる、濱田岳さん)とぶつかる……という展開だった。

 視聴者からは「犯人は誰なんだ!」「続編やってほしい」「続編を楽しみにしています!」といった続編放送への期待の声が続々と上がっている。

 「教場II」前後編は無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」、動画配信サービス「FOD(エフオーディー)」で配信。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る