知ってるワイフ:広瀬アリスの演技の振り幅に「神がかってる」と絶賛 モンスター妻、明るい銀行員、女子高生に「別人」との声も

連続ドラマ「知ってるワイフ」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「知ってるワイフ」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが主演する連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話が1月14日に放送された。同話では、広瀬アリスさん演じる“モンスター妻”と化した澪と、元春の後輩銀行員として明るい性格の澪が登場し、広瀬さんの正反対の演技にSNSでは「振り幅すごすぎ」「別人!」「神がかってる…」「ひきつけられた」といった絶賛の声が多数上がった。

 「知ってるワイフ」は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で2018年8~9月に放送された同名ドラマが原作。大倉さん扮(ふん)する、“モンスター妻”と化した澪(広瀬アリスさん)と結婚した主人公・剣崎元春が過去にタイムスリップし、妻を入れ替えようとする……という“ファンタジーラブストーリー”。

 第2話では、タイムスリップした元春が、妻を澪から江川沙也佳(瀧本美織さん)に入れ替えることに成功する。沙也佳との結婚生活を手に入れた元春だったが、澪があおい銀行の本店から、元春がいる支店に異動してくる……という展開だった。

 第1話で、二人の育児、家事、アルバイト、母親の介護と心に余裕がなく元春に怒鳴りつけていた澪だったが、第2話では、後輩銀行員の澪が毅然(きぜん)とした態度でクレーム客に対応したり、明るい笑顔でカラオケを楽しむ姿を見せた。さらに、当時、女子高生の澪と大学生だった元春が交際する前のシーンもあり、二人がじゃれ合ったり、満面の笑みを見せたりするシーンも。視聴者からは、広瀬さんの演技に「完全に演技が切り離されている」「どちらの役もハマってる!」「とにかくすばらしい!」という声も上がり、盛り上がりを見せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る