長瀬智也:主演ドラマ「俺の家の話」は「不思議な現場」 「前室でも能の謡が」戸田恵梨香と裏話明かす

1 / 1

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん、女優の戸田恵梨香さんが、1月16日放送の情報バラエティー番組「王様のブランチ」(TBS系、土曜午前9時半)に生出演。長瀬さんは、同局系で22日にスタートする主演ドラマ「俺の家の話」(金曜午後10時)の撮影現場について、「不思議な現場」だと明かした。

 「俺の家の話」は、宮藤官九郎さんが脚本を担当。現役プロレスラーの観山寿一(みやま・じゅいち、長瀬さん)と謎の女性介護ヘルパー・志田さくら(戸田さん)が、能楽の人間国宝で主人公の父・観山寿三郎(じゅさぶろう、西田敏行さん)の介護と遺産相続を巡って激しいバトルのゴングを鳴らす……という展開。

 ドラマには長瀬さん、戸田さんをはじめ、西田さん、桐谷健太さん、永山絢斗さん、江口のりこさん、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんら、個性あふれるキャスト陣が集結。現場の様子について、戸田さんは「面白い。歌っている人もいれば、ずっとしゃべってる人もいるし……」と話し、長瀬さんは「前室でどこからか能の謡が聞こえてきたりもする。不思議な現場にいるなと毎回気づかされます」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る