田中圭:土屋太鳳のギャップに感嘆「メリハリがすごい」 映画「哀愁しんでれら」で夫婦役

映画「哀愁しんでれら」の完成報告会に登場した田中圭さん(左)と土屋太鳳さん
1 / 9
映画「哀愁しんでれら」の完成報告会に登場した田中圭さん(左)と土屋太鳳さん

 俳優の田中圭さんが1月19日、東京都内で行われた映画「哀愁しんでれら」(渡部亮平監督、2月5日公開)の完成報告会に主演の土屋太鳳さんらと登場。今作で土屋さんと夫婦役を演じる田中さんは、土屋さんの演技について「カメラが回っているときと回っていないときのギャップがすごい」と説明。「メリハリがすごいです」と土屋さんのオンとオフの違いに感嘆しつつ、「(普段は)だいたいふわふわしてるんで。だいたい宙に浮いている感じ」と冗談めかして語り、土屋さんを苦笑いさせていた。

 土屋さんは「作品自体がすごく難しいので、いろんなことがぐるぐる回っていた中で、圭さんが私の手を握って、まるで自分の子供を説得しているかのように『うん、うん』と話を聞いてくださったのを覚えています」と田中さんとの撮影を回顧。また、田中さんの演技について「爆発力というか……偶然の爆発ではなく、ちゃんと積み重ねていった中で、本番にバン、とぶつけるような感じがあった」と表現し、「絶対にいいシーンが撮れると1シーン1シーン確信しながら、ついていかせていただきました」と当時の心境を明かしていた。

 映画は、一晩で怒濤の不幸に遭い、全てを失ってしまった市役所に勤める平凡な女性・福浦小春(土屋さん)が主人公。人生を諦めようとしていたところ、8歳の娘・ヒカリ(COCOさん)を男手一つで育てる開業医・泉澤大悟(田中さん)と出会い引かれていく小春。彼の娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、シンデレラになった小春だったが、新婚生活を始めたある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう……というサスペンス作品。

 完成報告会にはCOCOさん、石橋凌さん、渡部監督も出席した。

写真を見る全 9 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る