江戸モアゼル:第3話 “仙夏”岡田結実、“鳥居社長”前田公輝と付き合うことに

女優の岡田結実さんの主演ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の第3話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 6
女優の岡田結実さんの主演ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の第3話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第3話が1月21日に放送される。

 仙夏(岡田さん)は、鳥居(前田公輝さん)とお試しで2週間だけ付き合うことになった。鳥居から連絡用に渡されたスマホの使い方を覚えて動画投稿も始めた。蔵地(葉山奨之さん)はそんな仙夏を見て、気が気でない。

 お姫様のようなドレスを着た姫子(長井短さん)が仙夏を訪ねてくる。動画クリエイターを名乗る彼女は、仙夏にコラボを持ち掛ける。バイト先のカフェ「蔵」も繁盛させられると聞いた仙夏は、姫子と組んでコラボ動画を作る。

 仙夏は姫子に、江戸時代からタイムスリップしてきたと告白。姫子は自分もタイムスリップで明治時代から来たと打ち明ける。2人のコラボ動画は大反響。花魁(おいらん)キャラで大ブレイクする仙夏に、大きな落とし穴が……。

 原作は江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁・仙夏が、現代に突然タイムスリップ。「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係を繰り広げる。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る