永島聖羅:元「乃木坂46」メンバーが地上波連ドラで初レギュラー 「お茶にごす。」で茶道部員役

連続ドラマ「お茶にごす。」に出演する(上段左から)永島聖羅さん、仁科かりんさん、平川結月さん、(下段左から)山本直寛さん、濱正悟さん、野間口徹さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「お茶にごす。」に出演する(上段左から)永島聖羅さん、仁科かりんさん、平川結月さん、(下段左から)山本直寛さん、濱正悟さん、野間口徹さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの永島聖羅さんが、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「お茶にごす。」(テレビ東京)に出演することが1月21日、分かった。永島さんは、今作で地上波連続ドラマに初めてレギュラー出演。ドラマの舞台となる開架高校の1年生茶道部・飯倉智花を演じる。

 ドラマは「今日から俺は!!」などで知られる、西森博之さんの同名マンガが原作。中学最強の不良と恐れられた船橋(鈴木さん)は、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願い、茶道部に入門。茶道の心得を知り、茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく。果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか……というストーリー。

 また、開架高校2年生の茶道部副部長・慎大寺珠美役で仁科かりんさん、2年生茶道部・奥沼民子役で平川結月さん、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役で山本直寛さん、船橋に何かとけんかを売る開架高校1年生・北沼役で、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)などに出演した濱正悟さん、開架高校の教師で茶道部顧問・縦島洋役で野間口徹さんが出演することも発表された。

 ドラマはテレビ東京で年内に放送。地上波での放送に先駆けて、3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る