伊原六花:「神様のカルテ」で新人看護師役 「本当に光栄」

2月15日スタートの「ドラマスペシャル『神様のカルテ』」に出演する伊原六花さん=テレビ東京提供
1 / 8
2月15日スタートの「ドラマスペシャル『神様のカルテ』」に出演する伊原六花さん=テレビ東京提供

 女優の伊原六花さんが、俳優の福士蒼汰さん主演で2月に放送される「ドラマスペシャル『神様のカルテ』」(テレビ東京系)に出演することが1月21日、分かった。伊原さんは、主人公の医師・栗原一止(いちと、福士さん)が勤める「本庄病院」の新人看護師・水無陽子を演じる。

 伊原さんは、ドラマの出演に「参加できることが本当に光栄です」と喜び、「昨日まで動いていた時間が動かなくなる。その時何ができるか、どう向き合うか。この作品にはずっと心に留めておきたいと思うような言葉がたくさん出てきます。時に、規律や理屈から外れていても、相手を思いながら作っていく時間は本当に温かくて、幸せだなと演じていて思いました」とコメントしている。

 女優の新山千春さん、上原実矩さん、俳優の村杉蝉之介さん、渡辺いっけいさんも出演。新山さんは救急看護師長の外村勝子、上原さんは看護師の御影深雪、村杉さんは循環器内科医の小山田英秋、渡辺さんは事務長の金山弁治郎を演じる。

 第1話には、「本庄病院」の入院患者・安曇清子役で風吹ジュンさん、一止が住むアパート「御嶽荘」住人の“学士”こと橘仙介役で岡山天音さん、学士の姉・橘楓役で宮澤エマさんがゲスト出演する。

 「神様のカルテ」は、夏川草介さんのベストセラー小説「神様のカルテ」(小学館)シリーズが原作。2011年と2014年には櫻井翔さん主演の映画が公開された。ドラマは長野県・松本が舞台。「24時間、365日対応」の地方病院で働く風変わりな医師が、患者や恩師との別れ、地方医療の現実を経験し、「良い医者とは何か?」を模索する軌跡を描く。医療現場で患者と接する主人公たちの懸命な姿、真摯(しんし)に命と向き合う姿を通して「命の尊さ」「人の優しさ」「心のつながりの大切さ」を伝える。全4話で描く。初回は2月15日午後8時から放送。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る