明日のおちょやん:1月25日 第36回 千代の元に「ヨシヲ」と名乗る男 正体は?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第36回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第36回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」を放送。1月25日の第36回では……。

 千代(杉咲さん)が撮影所に来て3年。時代は大正から昭和に移り、金融恐慌のあおりを受け、映画界は不景気だった。鶴亀撮影所の女優たちも次々と辞めていく中で、千代は中堅女優としてどうにか踏ん張り、小暮(若葉竜也さん)も映画監督の夢を諦められず、仕事を続けていた。ある日、「ヨシヲ」と名乗る男が訪ねてきたと知らせを受ける千代。撮影現場から急いで戻った千代が目にしたのは、父テルヲ(トータス松本さん)の姿だった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる……というストーリー。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る