下野紘:「レッドアイズ」でドラマに“声出演” 「最高」「イケボ」と視聴者歓喜 トレンド入り&エンドロールに感動の声

下野紘さん
1 / 1
下野紘さん

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第1話が1月23日に放送された。劇中では、警察組織KSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)の通信指令センターの声を声優の下野紘さんが担当。下野さんが声だけでドラマに出演するのは今回が初めてで、視聴者からは「通信指令センターの人、最高でした」「司令室の下野さんの声にドキドキ」「イケボトーンでの司令……カッコいい」「ドラマから下野さん声聞けるなんてうれしい」と反響を呼んだ。

 ドラマは、実在の警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を基にした架空の組織KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。婚約者を殺害された過去を持つ特別捜査官の伏見響介(亀梨さん)が、元犯罪者が集まるKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本中のビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 第1話では、婚約者を殺された元刑事の伏見が、かつての上司・島原(松下奈緒さん)から、最新監視システムを使って解析を行い、捜査に役立てることを目的に設立されたKSBCで特別捜査官として働くことを打診される。 伏見は元自衛官の湊川(シシド・カフカさん)、元大学教授の山崎(木村祐一さん)、天才ハッカーの小牧(松村北斗さん)らと共に勤務することを決める。そんな中、女性の連れ去り事件が発生。伏見らと凶悪連続殺人犯の戦いが始まる……という展開だった。

 ツイッターでは、下野さんのドラマ“声出演”が話題となり、「#下野紘」「下野さんの声」といったワードがトレンド入り。また、エンドロールでは「下野紘(声)」としてキャストと共に名を連ね、ファンからは「エンドロールに下野さんのお名前が!」「下野紘(声)の文字が……誇らしいなあ」「思わず拍手しちゃった」「感慨深い」「エンドロールも最高でうれしかったあー!」と感動の声が上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る