青天を衝け:“もう一人の主人公”徳川慶喜 求めたのは「カリスマ性」 制作P明かす草なぎ剛の起用理由

大河ドラマ「青天を衝け」で徳川慶喜を演じる草なぎ剛さん(C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」で徳川慶喜を演じる草なぎ剛さん(C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演で2月14日にスタートする2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」のリモート会見が1月27日に行われ、制作統括の菓子浩さんが、同作で徳川慶喜を演じる草なぎ剛さんの起用理由を明かした。

 「青天を衝け」では、序盤の物語が、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)を軸とした武蔵国・血洗島村パートと、慶喜を軸とした江戸パートの二つで進行する。序盤の“もう一人の主人公”ともいうべき慶喜について菓子さんは、「将軍になりたかったのか、なりたくなかったのか。幕府を残したかったのか、残したくなかったのか。優秀だけど、何を考えているのか非常に分かりにくい存在」だと語る。

 菓子さんはそんな慶喜のキャスティングの際に求めたのは「カリスマ性」だったといい、「言葉少なくても、何を考えているのかも分からなくても、その人物の物語を引っ張ってこられるようなカリスマ性のある役者さんということで、ぜひ草なぎさんに演じていただきたいと思いました」と述べた。

 草なぎさん演じる慶喜を見た感想は、「慶喜は時として、冷たいように見えますけど、竹中直人さん演じる父・徳川斉昭への思いがあったり、そんな複雑な心の機微を見事に表現していただいています。また、矢を射る姿など一つ一つの所作がとても美しいですね」と手応えを明かした。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る