プロジェクト東大王:第3回「0.09mmの塔。」 コピー用紙だけで作ったタワーの高さで対決 衝撃の発表も 

Paraviのオリジナル番組「プロジェクト東大王」の第3回のビジュアル (C)TBS
1 / 1
Paraviのオリジナル番組「プロジェクト東大王」の第3回のビジュアル (C)TBS

 タレントのヒロミさんとお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんがMCを務めるクイズ番組「東大王」(TBS系)と連動したオリジナル番組「プロジェクト東大王」の第3回「0.09mmの塔。」が1月27日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。

 「プロジェクト東大王」は、オーディションを突破した10名の現役東大生が、東大王メンバーを目指してさまざまな課題に挑戦する番組。“東大クイズ王”としても知られる伊沢さんが課題を与える総監督を務め、お笑いコンビ「NONSTYLE」の井上裕介さんと「ラランド」のサーヤさんも出演する。

 第3回のサブタイトルは「0.09mmの塔。」。伊沢さんが出した課題は「ペーパータワーチャレンジ」。厚さ0.09ミリのコピー用紙だけを使い、制限時間15分でより高いタワーを作る。3チームに分けられた東大生たちは、三者三様に手を進めるが、タイムリミットが残り5分に迫る中、伊沢さんから驚くべき発表がされて……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る