噂の!東京マガジン:31年半続く長寿番組が地上波放送終了 4月からはBS-TBSへ

 フリーアナウンサーの森本毅郎さんが総合司会を務めるTBSの情報番組「噂の!東京マガジン」(日曜午後1時)が、3月28日で地上波での放送を終了することが2月14日、分かった。番組は1989年10月1日から約31年半にわたって放送され、3月28日で1484回目の放送を迎える。4月からはBS-TBSで放送される。

 「噂の!東京マガジン」は“身近な出来事から世の中が見える番組”がモットーで、森本さんをはじめ、井崎脩五郎さん、清水国明さん、山口良一さん、笑福亭笑瓶さん、風見しんごさん、深沢邦之さん、6代目アシスタントの小島奈津子さんらが番組を盛り上げてきた。各地で起こっている問題について、実際に現場を取材する「噂の現場」や、街の若者がさまざまな料理に挑戦する「やって!TRY」など、人気コーナーも誕生した。

 TBSの編成局長・瀬戸口克陽さんは、地上波での放送終了について「TBSグループのタイムテーブル強化の一環として、この4月、BS-TBSへ移行することを決めました。これまで番組をご覧いただき、支えていただいた視聴者の皆様に、心より感謝申し上げます。数々の名物コーナーがある番組ですので、引き続きBS-TBSにてお楽しみいただければと考えています。そして、現場ロケや歯に衣着せぬスタジオトークで、時代の『今』を伝え続けていただいた、森本毅郎さんをはじめ、出演者の皆様にも、深く感謝申し上げます」とコメントしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る