にじいろカルテ:第6話 “真空”高畑充希が倒れる 「人はいつ会えなくなるか分からない」

連続ドラマ「にじいろカルテ」第6話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「にじいろカルテ」第6話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第6話が2月25日に放送される。予告映像では、「人はいつ会えなくなるか分からないから」「いま、伝えたいことがある。」などの文字が並び、紅野真空(高畑さん)が倒れる姿が映し出されている。

 もうすぐ母親の誕生日だが、真空はいまだ自分の病のこと、虹ノ村で暮らしていることを伝えられず悩んでいた。そんなある日、泥だらけの緑川日向(中野翠咲さん)が突然、虹ノ村診療所に飛び込んでくる。息絶え絶えに「お母ちゃんとじいちゃんが……」と告げる日向。真空は蒼山太陽(北村匠海さん)、浅黄朔(井浦新さん)と共に慌てて緑川家に向かうと、嵐(水野美紀さん)、日出夫(泉谷しげるさん)が倒れているのを発見する。さらに、その後、真空までもが突如倒れてしまう……。

 ドラマは、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」、「この世界の片隅に」(TBS系)などを手がけた脚本家・岡田惠和(よしかず)さんのオリジナル作品。東京から山奥の小さな村へやって来た内科医・真空が、ユニークな男性外科医・朔と看護師・太陽の2人と共同生活を送りながら、個性豊かな村人たちと出会い、命と向き合って成長していく姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る