東京怪奇酒:第2話 可愛い猫の声が… 杉野遥亮が“猫塚”へ

連続ドラマ「東京怪奇酒」第2話のワンシーン(C)「東京怪奇酒」製作委員会
1 / 5
連続ドラマ「東京怪奇酒」第2話のワンシーン(C)「東京怪奇酒」製作委員会

 俳優の杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「東京怪奇酒」(テレビ東京ほか、金曜深夜0時52分)第2話が2月26日深夜に放送される。

 今回、杉野が向かったのは、オカルト研究家に聞いた東京都S区にある“猫塚”。怪談マニアの間では有名で、「この世のものとは思えないほど可愛い猫の声」がするという。杉野は軽い気持ちで行くが、いきなり怨念のこもった立ち札にビビると、ペットボトルが突然、草むらに転がってくる。どこかから、とても可愛い猫の声がし始めた。猫がいると確信した杉野は、エアで猫と戯れると、とんでもない結末に……。

 ドラマは、マンガ家の清野とおるさんが知人から心霊話を聞き、そのスポットへわざわざ出向いて酒を飲む実体験を描いた同名マンガ(KADOKAWA)が原作。ホラーが苦手な杉野に、海外ホラー映画の主演オファーが届く。ある日、自身のラジオ番組「杉野遥亮の今度は長ズボン」にゲスト出演した清野から、心霊現象が起きた場所で一人で酒を飲む“怪奇酒”の話を聞いた杉野は、“怪奇酒”を体験してみる……。全6話。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る