賭ケグルイ双:予告映像、キービジュアル解禁 “夢子”浜辺美波、“涼太”高杉真宙が登場 生田絵梨花の果たし状シーンも

「賭ケグルイ双」のキービジュアル(C)河本ほむら・尚村透・斎木桂/SQUARE ENIX(C)2021 ドラマ「賭ケグルイ双」製作委員会
1 / 1
「賭ケグルイ双」のキービジュアル(C)河本ほむら・尚村透・斎木桂/SQUARE ENIX(C)2021 ドラマ「賭ケグルイ双」製作委員会

 アニメやドラマ、映画も話題になったマンガ「賭ケグルイ」の人気キャラ・早乙女芽亜里(めあり)が主人公のマンガを、森川葵さん主演で実写化するドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の予告映像とキービジュアルが3月2日、公開された。同作に、浜辺美波さん演じる「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)と、高杉真宙さん演じる鈴井涼太が登場することも発表された。

 キービジュアルは、「誰か私に賭けてみない?」のコピーと共に挑発的な視線を向ける芽亜里(森川さん)の姿や、夢子、鈴井の姿のほか、佐野勇斗さん演じる壬生臣葵(みぶおみ・あおい)、「乃木坂46」の生田絵梨花さん演じる三春滝咲良(みはるたき・さくら)らが描かれている。予告は約1分の映像で、咲良が芽亜里に「早乙女芽亜、私とギャンブルしろ!」と果たし状を突きつける様子や、さまざまなギャンブルシーンなどが収められている。

 ドラマは、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中の河本ほむらさん作、斎木桂さん作画の同名マンガが原作。ごく普通の家庭に生まれた少女・芽亜里が、政財界の子女たちが通う、ギャンブルの強さが全てを決める私立百花王学園に編入し、ギャンブルに翻弄(ほんろう)されながらも奮闘する姿を描く。「賭ケグルイ」の主人公・夢子が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚(たん)にあたり、秋田汐梨さん、萩原みのりさん、長井短さん、福本莉子さん、犬飼貴丈さん、「日向坂46」の佐々木美玲さんも出演する。

 全8話で、3月26日から毎週金曜日に2話ずつAmazon Prime Videoで独占配信する。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る