三石琴乃:初の連ドラレギュラーで北川景子の母親役 4月期「リコカツ」

4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」に出演する(左から)宮崎美子さん、酒向芳さん、永山瑛太さん、北川景子さん、佐野史郎さん、三石琴乃さん、平岩紙さん (C)TBS
1 / 1
4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」に出演する(左から)宮崎美子さん、酒向芳さん、永山瑛太さん、北川景子さん、佐野史郎さん、三石琴乃さん、平岩紙さん (C)TBS

 人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役などで知られる声優の三石琴乃さんが、女優の北川景子さん主演で4月にスタートする連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)に、北川さん演じる主人公・水口咲の母親・美土里役で出演することが3月3日、明らかになった。三石さんが連続ドラマにレギュラー出演するのは初めて。北川さんは、2003年に放送された実写版「美少女戦士セーラームーン」で火野レイ/セーラーマーズを演じており、くしくもセーラームーンに縁のある2人が母娘役を演じることになる。

 「リコカツ」は、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲と生真面目な夫・紘一(永山瑛太さん)が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下で離婚に向けた活動“リコカツ”を進めていく姿を描く。

 俳優の佐野史郎さん、酒向芳さん、女優の宮崎美子さん、平岩紙さんが出演することもあわせて発表された。佐野さんは咲の父・武史、酒向さんは紘一の父・緒原正、宮崎さんは紘一の母・薫、平岩さんは咲の姉・鹿浜楓をそれぞれ演じる。

 三石さんが演じる美土里は世間から“美魔女モデル”と呼ばれ、インフルエンサーとして人気を博しているという役どころ。三石さんは「熟考の末(出演オファーを)お受けさせていただいたのですが、台本を読んでまさかの大役だと初めて知ったんです! それからはずっとプチパニックで、名だたる名優の方々と一緒にお仕事できる現実に興奮しっぱなしです」とコメントを寄せている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る